「市立川西病院・指定管理者公募終了」地方行政課題研究会『地方分権改革と広域連携』( ..)φ「憲法に則った地方自治法通りの自治体運営になっているでしょうか」改めて国や自治体の責務を考える☆

f0061067_1545182.jpg

174.png とっても明るいお陽さまがポ~ン 174.png
3℃・・・おぉ~寒⛄
一庫ダムは湖面から立ち上る靄
色づいた山々
絵になる晩秋
初冬の景色169.png

市立川西病院・川西市の構想(案)
決まっていない・・・と言いながら
粛々と進められる公募
阪神間で応募できるところは3つの法人だけ
150ベッド削減できる病院(法人)って限られている
もちろん「お手紙」をもらった処だろうけれど
出来レースじゃないの・・・という意見をよそに

11月10日(金)公募締め切り
で・・・結果は予定通り「1法人」だけの応募149.png
11月24日(金)
11月29日(水)
病院指定管理者選定委員会
2回とも非公開の会議
「答申」がだされ
市としての協議が行われます

12月中旬には結果が出てくる予定です
(議会の特別委員会などでも報告されるでしょう)

174.png 今日は神戸で開催される研修会参加
地方自治法施行70周年記念
地方行政課題研究会
「地方分権改革と広域連携」
神野直彦 日本社会事業大学学長
東京大学名誉教授


さて・・・地域分権・・・
国民が待望するゆとりと豊かさを実感できる社会めざして
地方公共団体の果たす役割
その責務をはたすための取り組み・・・

果たして
そうなっているだろうか?!

そもそも国家とは何ぞや?!
憲法に則って
ひとりひとりの国民が幸せになるように
平和であり続けるように
基本的人権が守られるように
主権者として育まれていくように
(人格の形成を成し遂げていくように)

国家として
財源を確保し
様々な
施策展開をしていくべきもの

地方自治体は
目の前のひとりひとりの住民が
幸せになるように
施策展開していくべきもの

さて・・・今のアベ自公政権はいかがか?!

国から地方の生活を応援するための
補助金
交付金などは
どんどん減らされ
どんどん「しがらみが強くなり」
本来の「地方分権」とは
程遠い内容になっている💦

それでも自治体は住民の生業がちゃんと送れるように支える

それが・・・
財源がないから・・・と年金を減らす
(100年安心年金って言ってたやん💦)
財源がないから・・・と消費税10%に値上げ
(軽減税率って言ってたやん💦)
選挙の前だけ「国民受けすること」言うて
アッという間に国民を騙すやり方
酷過ぎ149.png

医療と介護の総合法でどんどん国民負担が増える
制度の利用がどんどん減らされる
子育てだって同じ
教育の無償化はアッという間に一部
それどころか保護者負担はどんどん増え
利用できるサービスは後退・・・149.png

私たち騙され過ぎ・・・149.png

「地方分権」という名の下
国の責任を放棄して
地方自治体に押し付けるのはやめて!

財源をひも付きにしないで・・・
それぞれの自治体がその特徴に応じて政策を展開できるように
真の地方分権の確立を!

f0061067_1545179.jpg
174.png 遅いお昼を頂いて☕
いろいろ打ち合わせ
アッという間に日が暮れる177.png

173.png最後の会議
寒くなりましたね・・・が合言葉のよう
くれぐれもご自愛ください173.png



[PR]

by kurodamichi | 2017-11-13 15:04 | Comments(0)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31