<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


7月が終わります~w(゜o゜)w

f0061067_2385471.jpg

 走ってもおいつかな~い☆
 仕事がおわらな~い☆

 やっと梅雨が明けました!
 
 せみの抜け殻、抜け穴を見るとワクワクします。
 カマキリの赤ちゃんが5センチほどになって、顔を見せてくれました。
 
 プールの歓声を聞くと思わず顔がニンマリします。

 夏休み・・・
 いいなぁ・・・

 季節は確実にすすみ、時を刻みます。

 お月様はとても、細く輝いています。

 あ~あ、ホッとする瞬間!

 夏休みって、取れなくても、良い響きです・・・ね!
 
[PR]

by kurodamichi | 2006-07-30 23:08 | Comments(0)

猪名川上流広域ごみ処理施設の起工式

f0061067_1422540.jpg

 昨日からのすごい雨~
 警報が発令され、市内でも避難されていた方々があります。自然の威力ですが、様々な人間の営みも大きく影響しているでしょう~
 私達はもっと謙虚にならなければ~と思います。

 川西市の一番北、黒川という すばらしい里山で建設されようとしている、ごみ焼却場。
 突然、この場所での建設が発表され、豊かな里山であること、鉱山としての歴史、一庫ダムの直近であること・・・など様々な問題が解決されないままの

 今日をむかえました。

 起工式は10時から・・・
 なんと、9時から、神事があったようです。
 「世界一の炉」と「神だのみ」があまりにも不つりあいでした。

 雨がやみ、濁水は、地面を流れていきます。

 川やダム湖に流れ出た水~希釈された水の検査が、安全ならばいいのでしょうか?
 
 水は、上から下へ、正直に流れます。
 地面一面にふりそそぐ雨、
 地下水は?

 絶対安全ほど怖いものはありません。
 東洋一の能勢・豊能の美化センター事故はそこからはじまったことを忘れてはなりません。





 雨の中~宣伝をしています。傘をさしていてもびっしょりでしたが 「楽しみにしています~ 」 とたんぽぽ便りをわざわざ取りに来て頂いた方があります。
 うれしくて濡れてしまったことなんか全然平気になります。
 ありがとうございましたo(^-^)o
[PR]

by kurodamichi | 2006-07-19 14:02 | Comments(0)

もうすぐ夏休みですねo(^-^)o

f0061067_14271265.jpg

 学校の給食がもう終わったのでしょうね~
 お昼過ぎに集団下校するこども達に会いました。
 
 いつも、携帯電話から投稿しておいて、少し時間が、できた時に編集しなおすのですが、なんと、その前に書き込みがあると、びっくり~!
 「お~早い!」と一人言を言いながら、長い夏休みを振り返ります。

 長女の時は、学童保育がまだ、各学校にない時、夏休みは、自主運営の時代でした。
 各学校につくる事
 入学後すぐにない保育
 長い夏休み(学童の)・・・

 どれもこれも、ひとつひとつ、運動をかさねてきた成果です。
 こどもと保護者が気のついたことを伝え合い、「こどものために・・・」とがんばってきました。
 各学校にできた時、どれだけうれしかったでしょう・・・

 親として、泣いたことを決して、他の保護者に経験させたくない・・・と思っていました。
 働きながらの子育ては、本当に波乱万丈。
 学童のこども達
 保護者の皆さん
 先生達・・・
 みんなの協力で子育ての一こまを通り過ぎることができました。

 こどもはこどもの中で育ちます。
 こどもは大人の中で育ちます。
 そして、一番育つのは、親としての私達だったのかもしれません。

 支えてくれたのは、我が子だったのだろうと感じています。

 大変で大変で大変な子育て、
 でも、その大変は「困難」ではありません。
 確実に、前進をしています。

 本当に大変なのは、こどものためと言いながら、「こどもを大切にしない」「効果・効率で評価」「子育てに競争原理をもちこむ」などなどの流れではないでしょうか。

 こどもがこどもらしく育つ時間が長いほど、幸せです。
 早く大人になる必要はありません。
 その時々を十分大切にしっかりと刻むことだと思います。

 こどもは私達を育ててくれます。
 私達の背中を見ながら・・・

 一度きりのこの瞬間
 こどもと共にしっかりと時間を共有してくださいね!

 

 
[PR]

by kurodamichi | 2006-07-18 14:27 | Comments(1)

今年 はじめての セミの声 ☆

 もう、そろそろ梅雨があけるのでしょうか?
 昨夜はとても綺麗なお月様でした(^。^)
 バタバタしていますが季節のうつりかわりに心がホッとします(-.-)

 この2週間ほどは、ねむの木の淡いピンクによく目がいきました。
 山の緑によく映えます。

 我が家のツバメ達はおとつい、巣立ちました。
 今年、2度目の巣立ちです。
 何度か、カメラを向けましたが、うまく撮れず・・・
 元気に巣立っていきました。
 何日かは、近くで過ごすのでしょうか、朝夕、姿を見せます。
 でも、いつの間にか見えなくなって、秋、南の国へ、出かける時にちゃんと、挨拶にもどってきます。不思議ですね・・・
 毎年、帰ってくるのは、どの子でしょう?
 と、考えながら、えらいなぁ・・・と思うばかり・・・。
 飛ぶ練習など見ていると、飽きません。
 ちゃんと、子育てしています。

 ピ~ピ~と弱弱しく泣いていた小さな小さな雛達・・・
 もう、どれが親かわかりません。
 元気に空を切り、
 電線に並んでいます。
[PR]

by kurodamichi | 2006-07-13 05:43 | Comments(0)

原子力空母くるな~3万人!横須賀で集会!

f0061067_12523382.jpg

 7・9 横須賀基地の対岸ヴェルニー公園で
 「原子力空母、母港化反対」
 「戦争は反対だ」
 と集会が行われました。
 この写真は、11日付けの赤旗新聞1面記事のものです。

 3万人以上も集った集会は、テレビでも、ニュースでも取り上げられません。
 なぜ?
 どうして?
 おかしくありませんか?



 ナチスに抵抗した マルチン・メラー牧師の詩を ご存知ですか・・・


 はじめに

 ナチスが共産主義者を弾圧したとき  私は不安に駆られたが

      自分は共産主義者でなかったので 何の行動もおこさなかった

 その次 ナチスは社会主義者を弾圧した  私はさらに不安を感じたが

      自分は社会主義者ではないので 何の抗議もしなかった

 それから ナチスは 学生 新聞人 ユダヤ人と 順次弾圧の輪を広げていき

 そのたびに私の不安は増大した

 が、それでも私は行動にでなかった

 ある日、ついに、ナチスは教会を弾圧してきた  そして私は牧師だった

 だから行動に立ち上がった

 が  その時はすべてが  あまりにも遅かった





                   あなたはいつ行動しますか?
[PR]

by kurodamichi | 2006-07-11 12:52 | Comments(0)

東京から広島へ~平和行進

f0061067_18375077.jpg

 毎年恒例となりました平和行進
 東京を出発
 いつも、七夕の日に、大阪から兵庫に引き継ぎます。
 核廃絶を訴え、行進が続きます。

 被爆国としての訴え・・・
 憲法を変えようという動きにストップをかけたいという願い・・・
 さまざまな思いをこめての行進

 平和を求める・・・
 当たり前のことなのに、
 今、
 声をあげなければなりません。

 でも、平和は、勝手にやってくるわけでも、永遠のものでもありません。
 私達の先輩が、自らの命をかけて、かちとってきたものです。
 戦さをしたい・・・という人間の策略から・・・
 私達の仲間が、血を流して、守ってきたものです。
 平和・・・

 平和な世の中での取り組みは、どんなに大変で、辛くても、戦争にくらべれば、比較にはならない・・・だから、平和への取り組みが必要・・・
 
 正義の戦争なんてありえない・・・
 敵も味方も地獄です。

 行進はそれぞれの思いが広島まで、続きます。
 広島・長崎から、世界へ・・・

 又、来年、お会いしましょう!
[PR]

by kurodamichi | 2006-07-07 18:37 | Comments(2)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31