<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


もう夏も終わりですね…(^^)

f0061067_1813731.jpg

 庭のミカンの木にかわいい赤ちゃんミカンが…まだ2cmほどですが、いっぱいなっています(^-^)

 今日から9月議会が始まりました。

 納得できない保育所の廃園の議案(-"-;)

 一般質問は、4つの項目で行います。
 
 ひとつは、ごみの問題です。
新しい炉の稼動と共に、新しい分別が行なわれる予定です。
減量と分別・・・新炉への搬入は、1市3町の一番進んだ町に合わせる・・・
 能勢・豊能のダイオキシン事故の後、広域になったのですから当たり前でしょう。
でも、まだ具体的では、ありません。
 来年の秋には、試運転が始まるのですから、早く市民の方へ知らせてもらわなければなりません。そして、今稼動している炉をどうするのか?
 いつ、止めるのか・・・その後は?
 そして、談合の問題です。

 保育所や幼稚園のこども達の事故への保障として、保険に入ること。
公立園は、市の責任がはっきりしていますが、民間はそうではありません。
 認可園では、それなりに加入されていますが、無認可の場合はさだかではありません。
 もしもの時に・・・予算としては、ほんのわずかですから、市の補助をするべき・・・と。
 こども達の健康診断のための委託医師の報酬や診断料の負担も大きいし・・・。民間園の経営もとても大変です。わずかでも支援をしてくれたら、どれだけ助かるでしょう。

 障害者自立支援法・・・自立どころか、大変な状況になっています。
川西市では、市独自の福祉金も廃止。医療への補助も無くしてしまいました。その上に国の負担が大幅に増えたのですから。負担は施設にも増やされ、経営が困難になってきています。
 国の制度を変えることの必要。それまでの間、市としても支援をするべきです。

 後期高齢者医療制度が来年4月から始まります。
まだまだ具体化していない部分もありますが、
 年間18万円の年金から、介護保険料と一緒に天引きになるというひどさ。
受ける医療に、差別化が入る。資格証の発行になると医療機関で10割負担。
 今まで、障害をもった方や高齢者の方は、資格証はだしてきませんでした。
 だって、病気になりやすいし、重症化、長期化しやすいというリスクがありますから。
 だから、平等という言葉で3割負担なんて、もっても他です。
 金の切れ目が命の切れ目、年寄りは死ねということか・・・今、この医療改悪もやめろ!という草の根の運動がはじまっています。
 この医療改悪は、国民健康保険や介護、障害者施策へも影響を及ぼすといわれています。

 命に格差は絶対につけさせない。
 その思いで頑張ります。

 今朝は、朝の宣伝の最後で、大雨・・・本当に秋めいた・・・と感じました(^^)
 
 
[PR]

by kurodamichi | 2007-08-31 18:13 | Comments(1)

西谷文和さん…イラク 戦場からの告発

f0061067_18202276.jpg

 午後から川西グリーンハイツ九条の会、記念講演会に出かけました。

 イラクのこどもを救う会の西谷文和さん。
フリージャーナリストとして戦争犯罪を告発するという立場で、人道支援のNGOとして活躍されている彼が、動画と写真、おしゃべりで、今、イラクがどうなっているのか・・・を伝えてくれました。

 私は、昨年の5月にも彼の話しをきいたのですが、9・11のテロは、本当はどうだったのか?という疑問。
 イラクの6万人を越える人々が殺されている現実
 35万人の街、ファルージャでは、7000人が殺され、街ごとなくなってしまったこと(アメリカの掃討作戦という報道をされていましたが、実際には、動くものは全て撃たれるという残酷さ。その被害者は、兵士ではなく市民であり、こどもや女性、高齢者、障害者です。)
 
 5月の時にも書きましたが、アメリカ軍の正規軍は、3600人が亡くなりました。数を数えてもらえます。
 でも、戦争が民営化され、民間企業が兵士を雇う「民間雇兵」は、死んでも数えてもらえません。
黒いごみ袋のような「遺体安置袋」に放り込まれ、運がいいと埋められる。運が悪いとそのまま放置・・・もっとひどいと、遺体は砂漠にヘリコプターで捨てられてしまう現実。
 
 戦争は誰がはじめるのか?
 誰がもうけるのか?
私達は、しっかり知っていかなければなりません。

 イラクの病院では、毎年5000人のこども達が死んでいきます。
なぜ、死ぬ必要があるのでしょう?
 イラクに行く兵士は、沖縄の基地で訓練を終え、イラクで人殺しをしています。

 放射能の汚染・・・これは、兵士をも襲います。

 私達は、日本の問題として、考え、行動しなければなりません。

 知った人が、伝えていく。
そのことが、問われています。

 「しかたがない」「私に関係がない」「決まったことだから・・・」この思いが広がると再び戦争になります。今、私達にできる事をし続けましょう。

 アッサラーム アライズム  これで「おはよう」だそうです。
あなたの上に平和を・・・というアラビア語だそうです。

 講演を聴く私の後ろの席に西谷さんのお連れ合いが一緒に講演を聴いていらっしゃいました。
とても気さくで、明るい、すてきなお連れ合い(^^)
 どんな気持ちで、夫を見送られるのだろう・・・と思いました。

 戦争は、人を殺し、人間性を失わせ、環境を大きく破壊します。
何千年の歴史を刻んだ遺跡も一瞬のうちに破壊しました。

 本当のことを今語りはじめなければ。
 
 
 夜は、尼崎のクレジット・サラ金被害者の会にでかけました。
なぜ、お金を借りるようになったのか・・・自分の弱さを語り、解決の糸口を見つけ、仲間と支えあって・・・30年続けてこられた会です。
 国の政治も動かしてこられました。
 サラ金で、誰が儲ける?誰の得になる?どうして、長い間、苦しめられる?
知ったことを伝えていかなければ・・・運動の輪がひろがっていきます。


     死んでいい命はありません。
    憲法をくらしに生かす政治に変えていきましょう。
     (^^)(^^)(^^)
    
[PR]

by kurodamichi | 2007-08-26 18:20 | Comments(0)

9月議会…栄保育所を廃園する議案の説明がありました。

f0061067_1754206.jpg

 「議会に出す時は、事前に伝える…」と担当から話しがあったのに…保護者も職員も唖然。

 どうして約束を破るやり方ばかりするのでしょう?

 理屈の通らないことをどうしてごり押しするのでしょう?
 
 理不尽なことが多すぎます。
 川西市市内には、今、9つの公立保育所と5つの民間認可園があります。その内、市役所周辺に5つの公立園、3つの民間園があります。乳児保育や延長保育などの特別保育もそこに集中しています。
 清和台やけやき坂、美山台・丸山台という地域には、保育所がありません。100名以上のこども達が、他地域の保育所へ通っています。ですから、保育所入所をあきらめている方々もたくさんあります。
 本来なら、保育所の無い、待機児童の多い地域に新しい保育所を建てるのが、当たり前ではないでしょうか?
 この、4月1日時点でも70名のこども達が待機、保育所に入れて居ない実態があります。
 
 今回の民間園建設は、保育所密集地域にまた建設をするというものです。でも、認可をとるために、密集地の保育所をつぶさなければ、民間の誘致は出来ません。
 どうして?
 まして、その誘致する土地は、旧桜ヶ丘幼稚園がある土地。川西市の介護の拠点である包括支援センターがある建物。まだまだ、使える建物を税金を1900万円使って解体。用途変更で、1100万円の補助金を国に返すことになります。
 そのために、包括支援センターは、ふれあいプラザに引越。そのために、教育情報センターは民間のパルティかわにしに移転。
 もしかしたら、パルティかわにしの空き部屋対策かもわかりませんが、税金を千万の単位で、どんどん投入をしています。
 国の建設のための補助金約7500万円も使わないまま・・・。

 この中央部には、ほとんど待機児童も居ません。
なぜ、この地に民間園の建設?
 理解できません。
 川西市の子育て施策はどうなっているのでしょう?
税金の使い方は納得が出来ません。

 民間園の建設だけ、点でみていたら、良い施策でしょうか。
 教育情報センターだけ、点でみていたら、良い施策でしょう。
 でも、面で、川西市の税金の使い方や施策をみると、なんて、もったいない、不条理な施策であることがみえてきます。

 そんな施策に、こども達が振り回される・・・そのことに、大きな憤りを感じます。

 私は保育士の時、こども達にうそを言ってはいけない・・・と伝えてきました。弱い立場、少数の立場の意見をどう生かすか・・・もし、自分がその立場だったら・・・と伝え続けてきました。相手が強ければみんなで、力を合わせて頑張ろうね・・・と伝えてきました。

 だから、川西市のやり方が許せません。
 闇討ちのようなやり方、説明会をした・・・という既成事実だけを重ねて、「誠意のあるやりかた」だとする進め方を許せません。

 権力、力があれば、なんでもできる。その傲慢さに、怒りを感じます。

 どんなこどもに育ってほしいのか。そのことがためされるのです。
 私達大人の責任、しっかり果たさなければ・・・。

 写真は、保育所の時に創った人形です。
 これから、この街で、どんなこどもを育てていきますか?

 すべてのこどもが幸せになるように、私達大人にできることは・・・?
手をつなぐこと。
 
 分断を持って入ることは、許しません。

 自分のこどもを守る・・・隣のこどもを守る・・・だから、意見をのべる保護者や市民の方々がいるのです。

 もの言わぬ、小さな命の代弁者に私はなりたい・・・切に思います。
[PR]

by kurodamichi | 2007-08-25 17:54 | Comments(6)

ごみ議会が終わりました|||(-_-;)||||||

f0061067_13164159.jpg

 猪名川上流広域ごみ処理施設組合の議会が、1日で終わりました。

 私は、来年秋10月には試運転が始まる炉の搬入基準・ごみの分別の問題と談合問題について質問しました。

 このごみ焼却場建設は、豊能・能勢の美化センターのダイオキシン事故の後、猪名川と川西の1市3町の広域で建設することになったものです。
 なぜ、広域なのか・・・は、会議録などはなく当時大阪府知事だった横山ノック氏と前川西市長の柴生進氏のホテルでの会合など・・で決まった・・・など不透明なまま、はじまり、突然、川西市の黒川に建設が決まりました。もちろん、建設予定地の地元や周辺の方々、一庫ダムの上流での建設だけに、飲料水の安全や里山の貴重な自然を壊す・・・ということも含めて、反対の声が市内でも広がっています。
 広域で進めるため、独立自治体としての施設組合がつくられ、本当に不透明なまま、既成事実だけが、積み上げられていきます。この間も何度かこのブログにも書いたことがありますが、税金の使い方も含めて、住民不在のまま進められています。

 東洋一と言ってはじまった豊能・能勢の美化センターは、データーを隠し、問題が大きくなってから閉鎖に追い込まれ、今なお、高濃度汚染物のドラム缶が山済みになったままです。
 
 広域の新炉は、今だに、ランニングコストも明らかにされず、当初の搬入基準を変えて、プラスチックを新炉で燃やそうとしています。
 ごみの減量化をいい、進んでいる町に搬入基準も合わせる・・・循環社会を目指す・・・住民の意見を十分きき、情報を公開し・・・と伝えながら。
 今回の答弁も、「検討中・・・」ばかり。

 川西市では、粗大ごみの有料化が具体化、後期総合計画では、一般ごみの有料化の検討に入るといっています。(行財政改革審議会・・・元SR作戦といっていたもの)
 
 焼却場の土地は、最初約10ヘクタールほどでしたが、いつの間にか、33.8ヘクタールに膨れ上がりました。山半分の購入です。その値段は、約10億円。今、その値段の価値は約2億円ほどではないか・・・と裁判が行なわれており、10月末に結審です。

 建設費用は、ほぼ同じ規模・ほぼ同じ性能の枚方市を私も視察に行きましたが、ざっと20億円ほどの違いがあります。もちろん枚方市のほうが安いので、契約したJFEエンジ二アリングとの「談合は、なかったのか?」と疑問をなげかけていたら、なんと、その枚方市で談合発覚。
 市長の起訴・辞職という結果に驚いています。和歌山、名古屋での事件から明らかになってきたのですが、枚方市は「大林組」

 広域も実は、造成工事が大林組。

 住民の税金がムダに使われていないか?そのことを追及し続けなければ、「建設に高額、稼動に高額・・・」と私達住民は、ごみの有料化など、負担ばかりが押し付けられます。

 広域と枚方市の契約は同じ年度です。もっと、組合として、厳しく追及すべきではないか・・・「大丈夫」の一言で片付けてもらうには、あまりにも金額が大きすぎます。

 造成工事は、硬い岩がでてきたから・・・と請負契約の変更も・・・。当初の調査委託に問題はなかったのか・・・など追及してきましたが、「自分達の責任」でかたずけました。発破工法に切り変え、半年工期が延長しました。環境アセスメント(調査)は、もちろん、発破のことなどやっていません。
 
 矛盾だらけで、建設されていく焼却場。住民後回しですすんでいく「世界一」「日本一」の炉。あのダイオキシン問題がなぜ、起こったのか?
 ぜひ、真実を知っていく人が増えてほしいと思っています。

 この、広域の環境保全委員会の会議録が大きく書き換えられていたのですから・・・。今回は是正させましたが。

 議論するはずの議会で議論するのは、本当にわずかの議員なのをぜひ、知ってほしいです。議事録は見ることができます。
 


 
 
[PR]

by kurodamichi | 2007-08-22 13:16 | Comments(2)

☆猪名川花火大会☆もうすぐ夏も終わりですね…

f0061067_22301718.jpg

 とても良いお天気~とても綺麗な花火でしたo(^o^)o

 猪名川花火が終わると、「あぁ、夏が終わるなぁ~」と感じます。こども達は、夏休みがそろそろ終わりが見えはじめ宿題に追われるのでしょうか。お盆休みもそろそろ終わり、慌しい日々が帰ってきます。
 暑い夏、暦が変ると残暑が厳しくても、秋を感じるのでしょうね。

 20年前に亡くなった父は、お酒を飲むとよく戦争・兵隊に行った話をしていました。ありがたいことに、内地での移動ばかりだったようで、空襲の恐ろしさ、食べるものがなかったことや上官の一方的な対応など・・・の話をよくしていました。軍歌もよく聞きました。

 戦争を実際に体験した人々がどんどん減っていきます。先日の水木しげるさんのテレビ番組では、ありませんが、私達戦争を知らない世代は、歴史を・真実を知っていかなければなりません。
 兵士の7割は、飢餓や病死などで亡くなったこと、最大の被害者は、こどもや障害をもった人、高齢者、女性などの弱い立場の人々。内地戦などになれば、もっと悲惨な状況に追い込まれていったこと。
 どんどん、人間らしさが壊され、そのことを自覚せず、様々な人々と連帯することよりも、少しでも違いがあれば排除していったこと・・・。

 命を守る・・・この当たり前のことが一番大切であることにこだわり続けたいと切に思う。

 非国民・・・なんてひどい言葉だろう。
 もう2度とそんな世の中をつくってはならない。

 私達は、微力だけれど無力ではない。
 だから、手をつながなければならない。
 
 
[PR]

by kurodamichi | 2007-08-18 22:30 | Comments(0)

8月15日…今日も暑い良いお天気です。

f0061067_1957314.jpg

 戦後62年目の暑い夏…私達大人は、次の世代に責任を持たなければなりません。
 いろいろな意味で…

 毎月15日は「こども署名」に取り組んでいます。
こども達の医療費無料化と30人学級を中学校卒業まで・・・。
それぞれ自治体での取り組みがはじまっています。

 署名に託された思いは、少しづつですが形となって実現しています。
安心の子育てを願う思いは、両親の願いだけでなく、とても広範な人々の声の集まりとなっています。今日は、54筆の署名が集まりました。
 
 ☆こどもの医療費は、心配なくお医者さんにかかれるようにしてほしい。医療費は、本当にそう感じる。
 ☆大阪から引越てきて驚いています。子育ては安心が一番。医療費は親の心配をなくしてほしい。
 ☆学校現場に勤めていますから、30人学級は切実な願いです。ぜひぜひ、実現してほしいです。
 ☆学校の行くのに。お金がかかりすぎて大変。お金があるとかに関係なく、行きたい学校に行きたい。
 ☆子育てには、しっかり国の予算をつけてほしいですね。

 「保育所の問題もよろしくお願いします。親の安心はとても大切。信頼関係て本当基本ですから・・・。」などの意見もいろいろ聞かせていただきました。
 署名をしていると、いろいろな思いに出会います。
 
 子育ては社会の責任・・・連帯することが大切ですね。


 8月15日は、62回目の終戦記念日。
 先日、水木しげるさんのテレビ番組を観ました。
戦争・玉砕が何であったのか。本当に私達が語り継いでいかなければならないのは、真実です。格好良くもなく、正義でもなく、本当は誰のための戦争だったのか・・・。
 今、自由に発言できる間に。
 
[PR]

by kurodamichi | 2007-08-15 19:57 | Comments(0)

♪ 蝉しぐれ(^-^) ♪ 青い空 (^-^)v

f0061067_2134655.jpg

 浮輪を抱えたこども達…虫捕りアミを手に走り回るこども達…夏休みも折り返し。
 夏ならではのこども達に心が和みます(^-^)/

 私も今日は、能勢口まつりで盆踊りに参加…汗ビッショリになりました。たくさんの人出の中に、懐かしい保育所の顔も・・・いろいろな出会いに元気をもらいました(^ヘ^)v

 こうしてホッとできるのも平和ならでこそ。
 8月は、いろいろな平和の取組みがあります。
 当たり前の平和。空気のように感じていることをしっかり考える夏にしたいですね。

 昨日に続き、「はだしのゲン」を観ました。
 戦争の理不尽さ、辛さ、むごさ、人間そのものを壊してしまう何ものでもない・・・と痛感しました。その中で、必死に生きようとする人達。人間の生命力やたくましさを感じましたが、亡くなってしまった命は絶対にもどらない・・・そのことを私達は、肝に銘じなければなりません。
 戦争は人間が起こします。テロではありません。
 久しぶりのテレビでしたが、とても感動しました。

 あのコマーシャルに配慮があれば、もっとすばらしいのに。
[PR]

by kurodamichi | 2007-08-11 21:03 | Comments(0)

原爆は、人間が落とした…戦争は、権力が始めた・・・

f0061067_2214512.jpg

 6日は広島に、9日は長崎に原爆が落とされた…
 62回目の夏

 6日に「核廃絶を求める」国際署名を行なった
毎年、必ず「広島の出・・・」と伝えてくださる方がある
「ありがとう・・・」という言葉を添えて署名をしてくださる

 絶対に繰り返してはならない戦争
 二度と落としてはならない原爆

 人間が始めなければ起らない
 私が声をあげ続けなければ・・・
 あなたと共に・・・

 平和は守り続けなければならない
 良い戦争なんてありえない
 正義の戦争なんてありえない
 
 人殺しなのだ
 人間を壊すのだ

 自衛隊が国民監視をし、
 権力が、国際貢献を口にし、
 軍隊をつくり、
 戦争に駆り出そうとしている 今、

 絶対に戦争を起こさせてなならない
 そのことが、私達の使命なのだ

 毎月9日は「9条を守る」その1点での署名

 こだわり続けたい 命を守ることに
 
[PR]

by kurodamichi | 2007-08-08 22:14 | Comments(1)

念願の槍ヶ岳山頂に…(^-^)v

f0061067_2151515.jpg

 行きたい!行きたい!と願ってから2年…今年も選挙が1週間延びたので無理かなぁ…と思っていたのですが~いってきました!(^-^)/~
 
 30日月曜日の夜行バスで、上高地へ・・・
 24日ぶりのお天気に迎えられ、テクテク・・・。どんどん良くなるお天気、心地よい風、感動の景色。
 写真は、天狗池からの槍ヶ岳。池はまだ雪だらけで、逆さ槍は観れず残念でしたが・・・。

 雲ひとつなく、ガスもなく、最高の頂上でした。

 帰ったら、地域のお祭りや署名などなど行事三昧。そしてすぐ、広域ごみの施設組合議会の議案提出。ほっとする間もありませんが、自然の中にどっぷりひたると、本当元気をもらいます。

 ありがとう(^^)
 
[PR]

by kurodamichi | 2007-08-07 21:51 | Comments(0)

夏真っ盛り(^-^)v

f0061067_2144872.jpg

 熱い選挙が終わりました。
 今の政治を変えてほしい…そんな声をたくさん聞かせてもらいました。
 
 真面目に働いて、報われる世の中にしてほしい。
 
 貧しい家庭の子は、学校へいけないの?

 正規社員になれないのは、自己責任?

 年をとったら安心して生活がしたい・・・。

 あまりにも、偏りすぎた税金の集め方と使い方、私達はしっかりと声にだしていきましょう。
義務 義務・・・というけれど、国や権力の側が、国民の命を守る・・・人間らしい生活を保障する。という義務を果たさないと・・・。それが一番大切。
 権利は、黙っていては無くなっていくもの。

 あまりにも、偏りすぎた情報に振り回されないようにしないとね。

 こども達の医療費を小学校入学まで全員無料にするのに、1900億円の予算なんだって。
今まで、政党助成金は、3800億円以上、共産党を除く政党にばらまかれたんだって。
 もち代だと、議員にお金を渡したり、携帯ストラップに化けたり・・・。
 お金がない・・・といいながら、使い方が悪すぎ。

 政党助成金なんて、やめてほしいよね!
赤ちゃんから、一人につき250円取られる計算で、政党にばらまかれるなんて、ひどすぎ。
 
 政党や議員やアメリカに甘すぎ!
[PR]

by kurodamichi | 2007-08-07 21:44 | Comments(0)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31