<   2007年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


猪名川上流広域ごみ焼却場2次裁判・・・枚方市談合では   懲役1年

f0061067_2213512.jpg

 今日は、神戸地方裁判所で2次訴訟の裁判・・・施設の契約などが高すぎるので「税金のムダ使い」「談合があったのではないか?」ということも含めて訴えています。
 今日の裁判では、証人尋問の4氏が決まりました。次の裁判から行なわれます。(次は3月)

 1次訴訟の「土地の値段が高額すぎる」裁判は、12月19日(水)1時15分から、神戸地方裁判所で判決・・・10億円で購入した土地は2億円でも高すぎる~と土地鑑定がでているだけに裁判の結果が期待されます。

 猪名川上流広域ごみ処理施設組合の契約が高額すぎると、日本共産党議員団では、ほぼ同種・同規模の類似施設の契約として「枚方市」に視察。
 枚方市の57億円をお手本にして、「広域」の契約が1.5倍以上の高額。
 この間、「談合」はなかったのか?と追及してきました。お手本にしていた市でまさかの「談合」にびっくりです。
 今日、その裁判が大阪地方裁判所で判決。
 大林組元顧問に懲役1年の求刑。
 「約10年前から、談合を進めてきた。」とのこと。
 枚方市の契約と、同じ年度の「広域」の契約。
 「広域」では、施設契約はJFEエンジと前田建設。
 ところが、造成は「大林組」
 そして、この間、新聞をにぎわしている「恐喝事件」で7000万円の「地元対策費」を払っていたのが、「前田建設」
 契約の前日、談合情報も流されました。
 住民の大切な税金が、こんな所に使われていたのなら「返金」してもらわなければなりません。
 しっかり、声をだし、裁判を見守って、見届けていきましょう。
 私達は、微力だけれど無力ではありません。

 ごまかされない。あきらめない。正義は勝たねば!


 
 今日はとても良いお天気♪
 電車にむかって手をふるこども達。
 お散歩の途中なのでしょう。両手を大きくふって・・・
 とても楽しそう。
 キラキラのお日様の中☆
 その真中で、一番大きく手をふっている先生。
 そんな姿にホッとします。
 
 ついこの間まで私もそうだったなぁ。
 電車から手を振り返してもらったら、もう大喜び(^^)
 一番大声は私だったかな。
 今日は、あっという間に、通りすぎてしまったけれど、
 車掌さん、手を振ってくれたかしら?
 
[PR]

by kurodamichi | 2007-11-30 22:13 | Comments(0)

ジンジャーティー( ^-^)_旦"" いかがですか?

f0061067_0112377.jpg

 紅茶にたっぷりのお砂糖(^-^)
 ショウガのすり下ろしを入れて・・・
 身体がホカホカ・・・風邪が忍び寄ってきたら・・・
 のどの痛みなんか和らいで☆*:・°★:*:・°

 明日から議会がはじまります。
 
 川西市の総合計画(後期計画)、中期財政計画、行財政改革、男女共同参画プランなどの計画策定が行なわれています。市民の方の意見募集もするようですので、ぜひご参加を!

 
[PR]

by kurodamichi | 2007-11-29 00:11 | Comments(0)

たった30分の議会で決められました(><;)(;><) 後期高齢者医療…広域連合議会

f0061067_16395494.jpg

f0061067_1639545.jpg

 80人ほどの傍聴者が詰め掛け、見守る中、ほとんど議論もなく、差別医療が持ち込まれる後期高齢者医療の保険料などが決まりました。

 わずかな年金から介護保険料と新たな医療保険料が天引きになります。
 保険料を払っても、制限つき医療…包括医療になります。
 社会保障制度からドンドン国民を落ちこぼしていく制度です。

 こんなひどい中身をたった30分で、ほとんど議論もなく決めていく議会。
 議員として発言したのは、相生市と南淡路市のお二人の議員だけ・・・。
 「補助を増やすべきでは・・・」
 「県下、同じ係数をかけて保険料を決めるのはいかがなものか?」
1回目の質問だけされ、
 「要望します。」
 「広域での取り組みなので・・・」との答弁に再質問は、ありませんでした。
 市民の声は、誰が届けてくれるのでしょう?
 市民の命は、誰が守ってくれるのでしょう?
 たった、30分で決まっていく恐ろしさ。

 国は、自民党・公明党の数の力で強行されました。
 県は、ものいわず、決めていきました。

 命に格差が持ち込まれます。
 知らせていかなければ・・・。
 この国を支えてきた、高齢者を泣かせてはなりません。
 追い詰めてはなりません。

 やっぱり中止、撤回しかありません。

 写真は議会が行われた花隈の相楽園会館。
 詰め掛けた傍聴者…そこから見る相楽園の庭…美しい紅葉と議会のギャップ(-"-;)

 やはり政治を変えなければなりません。

 この、後期高齢者医療は、他の高齢者や障害者医療にも影響をおよぼしかねません。
 この間、まちがった「平等」論で、悪い方、悪い方に足並みをそろえてきましたから・・・。

 絶対やめさせなければ!

 私の命とあなたの命は同じ・・・この当たり前の声を集めましょう。
[PR]

by kurodamichi | 2007-11-26 16:39 | Comments(1)

予算要求書、全戸ビラ、終わりました~              {{{{(+_+)}}}}

f0061067_10281534.jpg

 毎年、この時期、来年度の予算にむけて要求書を提出します。地域の皆さんから、聴かせていただいている様々な要求はもちろん、国や県の制度が変った、変えられようとしている中身についても、「市独自の支援をすべき。国や県に対しても、しっかり意見を述べて、市民のくらしを守る立場を堅持すること」という立場で、要求書を提出、懇談をします。
 その要求書がやっと出来上がり、来週はじめに提出の運び・・・となります。
 市役所だけではなく能勢電鉄や阪急バス、警察や県に対しての要求もあります。伝え続け、懇談をして、訴え続けることがとても大切だと実感しています。
 
 全戸ビラは、「大塩市長になって1年・・・」ということで、今の川西市の財政負担の大きい「ごみ焼却場の疑惑、問題について」「皮革工場跡地の中央北地区開発について」と、予算要求も含めての重点取組みを掲載します。
 最終の原稿チェックが終わり、確認。印刷にまわりました(^^)来週末には出来上がってきます。皆さんのお宅に届きますので・・・。
 いろいろなご意見やご感想もくださいね。

 この二つの大仕事が一段落したので、少し、ホッ(^^)です。もちろん、そんな暇がないくらい、次の仕事が詰まっていますが・・・。
 議会がはじまります(議案説明が終わりましたから・・・)し、地域の相談会の準備や広報作成が待っています。
 来週は、先日お伝えをした「後期高齢者医療」の保険料を決めるなど「兵庫県広域連合議会」が開催されるので、傍聴に出かけます。住民の請願の紹介議員になってくれる議員さんがいない・・・命に関わる大切なことが決められる議会なのに、2時間ほどで「粛々」と議会が終わるのではないか(3時から)・・・ということも含めて、見届けなければなりません。
 兵庫県の連合議会議員は各市町の議長さんや副市長さんがほとんどです。大阪府は、各自治体で選挙、それぞれの議員さんが担っています。
 立場はどうあれ、「命を守りきる」立場で発言・議決をしてもらわなければなりません。
 やっと、新聞報道をされましたが、兵庫県では、75歳以上の方は、年、平均9万円を超える新たな医療保険料が、強制的に年金から天引きになります。
 国は、住民運動もあって、反発を和らげようと「家族の扶養になっていて、今、保険料を払っていない人の保険料だけ、半年間凍結、その後、9割軽減」を打ち出していますが、その数はわずかです。
 月15000円以上の年金から、天引きですから、介護保険料も含めて大変です。軽減や段階があるというものの、保険料の滞納者は「資格証(医療機関で10割負担)」その後、「医療給付停止」になります。これが、社会保障ですか?
 生活できようとできまいと保険料だけ奪う・・・このひどいやり方が問題です。来年の4月の年金支給から始められようとしています。
 被保険者は、75歳以上の方と65歳から74歳までの障害認定を受けている方ですから、病気になりやすい、長期化・重度化しやすいリスクをかかえている方々です。
 保険料を払っても、今受けている医療が受けられないようになる「包括医療」が具体化をはじめています。国の医療費抑制が目的なので、制限つき医療にならざるを得ません。でも、ひどいのは、まだ詳細が明らかでなく、知らせないままスタートさせようとしているずさんでひどいものです。
 この医療の抑制は、高齢者の問題ではなく、「平等」と言う言葉をつかって、他の高齢者や障害者に拡大する恐れがあります。一旦「格差医療」が入ると大変なことになります。
 この医療改革は、今でも大変な病院経営が成り立たないような仕組みも入れようとしています。「主治医制度」など、予断を許しません。
 「包括医療」は一度、導入されて、ひどすぎたので、やめた制度です。
 きれいな言葉でごまかされないようにしないと。
 民間保険に入っているから大丈夫・・・どころの騒ぎではありません。

 命を守ることが、今、お金持ちとそうでない人に格差をつけます。
 年齢や障害の有無で格差がつくのです。
 保険料を払っていても・・・ですよ!
 国は、「混合診療」の具体化もはじめています。まさに、格差医療です。

 保険証1枚で誰もが必要な医療を受けることができる「皆保険制度」これを守りきりましょう。
 声をつなぎましょう。
 知らない間に・・・決めてしまわれないように。

 70歳から74歳までの方の医療費2割負担は1年据え置き・・・と言っていますが、なんで、1年?です。何かよくなりますか?1年で・・・。

 わずかの軽減や凍結をして、国民の声を抑えようとしている。それでもひどい負担・制度だけは実施をしていく。既成事実作りです。
 
 福祉、社会保障て何ですか?その制度から国民を落としていく制度は、社会保障とは言いません。
 憲法違反です。


 今日は朝から、一庫周遊マラソンに出かけてきました。26回目だそうです。とても良いお天気。空気の冷たさが気持ち良いマラソン日和。

 写真のダリアは、スタートの場所でみごとに咲いていました。
 里の灯・・・。

 私は、走らなくなってから、もう10年くらいになります。
 保育所まで走って身体からホワホワ~と湯気がでていた・・・のが、ついこの間のような気がしますが。
 
 おいしいコーヒーを頂いて帰ってきました。
[PR]

by kurodamichi | 2007-11-23 10:28 | Comments(0)

待機児童がいるのに、どうして、受け入れないの?

f0061067_23404688.jpg

 厚生経済常任協議会がありました(-"-;)
 新しい民間認可園の開所が2ヶ月延期になる話・・・。これは、耐震偽装問題で、基準が厳しくなったため・・・という説明だったので仕方のない話かなぁ・・・と了解しました。こども達の施設ですから。来年、6月開所だそうです。
 
 保育所が、中央部に密集(公立5ヶ所、民間3ヶ所)しているものの、0歳児や1歳児など3歳未満児の待機児童は多いところ。
 それなのに、来年度は、栄保育所で、1歳児は入所させない・・・とサラリと言う。
 栄保育所がH22年3月廃園が決まったものの(もちろん、私達は反対)、保育所としては運営するし、保育所としてのあるべき姿、兄弟児もいるのだから、廃園時期まで、1歳児・2歳児を入所させるべき!と何度も言うが、入れない・・・。の一点張り。前回の委員の話をどう聞いていたのでしょう?廃園賛成の委員からも「兄弟児くらい入所したら・・・」なんて意見も多数でていたのに。
 私は、こども達のために通常の保育をすべきだと主張しましたが。
 市の話は、本当理解できない、納得できない・・・ことが多すぎます。
 
 ごめんなさい・・・詳しくはまた書込みしますね。後期高齢者医療のこともあるし・・・。ただ、さすがに疲れました。
[PR]

by kurodamichi | 2007-11-21 23:40 | Comments(0)

後期高齢者医療制度は中止・撤回を…11.20学習決起集会で~瀬戸けいこさんと(^-^)v

f0061067_21373333.jpg

 聞けば聞くほど、ひどい中身の医療の改革(-"-;)
 時間切れ…知らさないまま来年の4月を迎えようとするのでしょうか。
 経済的なこと、年齢的なことで命に格差をもうける中身・・・。
 
 わずかな凍結でごまかそうとしているひどい自民党・公明党の政治。
 「中止、撤回しかない~。」と話された瀬戸けいこさん\(`o'")
 日本共産党の自治体部長として、活躍中・・・今日も芦屋市などの自治体との交渉のお話をされました。誰が、市民の命を守るのか・・・?このことが突きつけられます。知った人間が伝え続けるしかありません。
 
 今日は、午前中、畦野駅前で「後期高齢者医療の中止・撤回を求める請願署名、70歳から74歳までの方の医療費、窓口負担を2割に引き上げないよう求める請願署名」をしました。
 3ヶ月連続で取組んでいますが、市民の方には、中々知られていません。
 署名は、352筆集まりました。
 もっと、お伝えしなければ・・・。
 今、全国で、草の根の運動は広がり続けています。
 頑張らないと!

 あきらめたら負け。黙ったら、されることを認め、賛成になっていくから、訴えつづけなければ・・・。
 障害者自立支援法も同じ。
 国民の声が法律を変えようとしています。

 このひどい制度がはじまって、医療難民になって、亡くなっていかねばならない人が生まれるのは許せません。家族が経済的に追い詰められ、精神的に行き詰って、命を奪ってしまう・・・絶対にあってはなりません。

 国が、国の予算を引き下げることが目的のこの制度、廃止しかありません。
 
[PR]

by kurodamichi | 2007-11-20 21:37 | Comments(0)

--*--*--*とても寒くなりました*--*--*--

f0061067_21415777.jpg

 急に冷たい風。
 木々の葉は、とても急ぎ足で衣の色を変え続けています。
 「さむ~(^^)」という言葉がぴったり。
 
 今朝は、地域の公園の清掃。

 午後は、川西市合唱連盟の35周年記念・ワークショップ「水のいのち」を歌う会に出かけました。
 市内の合唱団の方々はもちろん、私のように、この歌を歌うだけに会場に来られた方もたくさん居られました。
 指揮者の須賀敬一先生は、76歳。全くそうは見えません。思いがとてもとても伝わってきます。詩の意味、表現、そして、ハーモニー。

 年齢を重ねることで、理解できることが多くなっています。以前は想像であったものが、経験を通して表現できたり・・・。
 前回は、練習はしたけれど、歌わなかった「海」を歌えたことに感激しました。パートごとの歌が合わさることによって、全く深みが増し、すばらしい「海」。
 歌詞を感じること、表現すること。
 
 たった2回の会でしたが、されど2回。とても豊かで、嬉しいひと時でした。
 心から、合唱に出会えてよかったと実感しています。

 また、歌いたい・・・切に願っています。

 様々な文化に触れ、出会いがあります。それぞれの場で、快く受け入れてくださった皆さんに本当に感謝☆です。
 ありがとうございました。
 これからもよろしく・・・。

 
 

 
[PR]

by kurodamichi | 2007-11-18 21:41 | Comments(0)

ごみ焼却場建設…地元対策費、恐喝で逮捕者

f0061067_2319990.jpg

 今日は、朝から「議員協議会」。
 下水道会計(今は、特別会計)の企業会計への移行の説明。
 ごみの分別収集の話しなど・・・。

 ごみの有料化については、3月議会で条例制定をしたいと・・・。今回の協議会では、テーマからはずれていました。
 今、市民の声を聞くことになっています。
 有料化だけではなく、分別・収集など私達の生活に大きく影響をするので、ぜひ、いろいろ気づくことを行政の方へ届けましょう。
 「言ったって変らない。」そう思ったら最後。なすがままになってしまう。少しでも気づいたこと伝えましょう。
 いろいろ、考えていることを伝えましょう。

 夕方、突然飛び込んできた「逮捕」のニュース。
 1市3町広域ごみ処理施設建設工事をおこなっているゼネコンに「地元対策費」を要求。恐喝で、2人が逮捕。1人を追跡中。
 朝日・産経の夕刊や夕方のニュースで取り上げられてから、電話の連続。

 土地購入の裁判も大詰めにきているし。
 
 そもそも、談合情報が流れた企業。類似施設の約1.5倍以上の契約金額をこの間追及してきただけに、この後どうなるのか・・・注目していきたい。

 私達の大切な税金。むだに使ってもらっちゃ困る。

 明日からの朝宣伝用に、この記事を少しだけ「たんぽぽだより」に入れた。
 ちょうど、ごみ分別収集の記事なので・・・。

 残念ながら、「なくなって困る、親・空気・組合」の話しは後日掲載へ。

 黙っていないで、声を出しましょう!
 

 
[PR]

by kurodamichi | 2007-11-12 23:19 | Comments(0)

楽しいお友達に出会いましたヽ(*^‐^)人(^-^*)ノ

f0061067_20412785.jpg

f0061067_20412818.jpg

f0061067_20412873.jpg

 地域の文化祭に出かけ、いろいろな作品展示を観て「すごーい!」といつもながら感心。
 それぞれの作品と人、その出会いが元気につながります。
 感激・感動するっていいですね。

 その後、第1回 川西まつりにでかけました。
 りんごや冬瓜など農産物の直売、フラダンスのステージ発表やふれあい動物園。
 市民フリーマーケットや模擬店。
 たくさんの方々が参加されていました。

 フリーマーケットで、とてもかわいい焼物に出会いました。
 「この子達・・・」と話される作者の方がまた素敵。
愛情たっぷりのかわいいお友達。
 かえるさんは、フタを動かすと鳴き声のような音が・・・。
 でんでんむしさんは、お香を点てることができます(^-^)

 ちょっと引くかもしれませんが・・・。
 へびさんは、約10Kgのにしきへびさんです。
 私のあとには、小学生も記念撮影。
けっこう、みんな触っていました。
 
 本当は興味津津…なのね(^-^)v

 素敵なひと時でした。
 
[PR]

by kurodamichi | 2007-11-11 20:41 | Comments(0)

 9条 署名です (^-^)v

f0061067_2216012.jpg

 毎月9日に「9条守れ」の署名をアステ2階通路ではじめて、もうすぐ3年・・・。
早いものです。
 イラク戦争がはじまり、自衛隊派兵がはじまりました。水面下にあった「改憲論議」が、どんどん浮上し、数の力でのごり押しが当たり前のように・・・。
 戦争は、人間がはじめなければ、はじまりません。
 その時の権力者がはじめるのです。
 国民をごまかし、だまし、反対を唱える人間を排除していきます。
 連帯ではなく、分断を持ち込むのです。

 憲法9条の1項 戦争を永久に放棄すること
 2項 陸・海・空、軍隊を持たないこと。交戦権をもたないこと
 今、世界中で、期待されている憲法です。

 戦争は、いや。
 命を守って。
 当たり前の願いです。

 夕方、宣伝のあと、桂 福車さんの「21世紀は組合の時代」という落語を聞きました。
 社会派として活躍中の落語家さんですが、なんと、とても気さくな方・・・。
 
 親と空気と組合は、なくなった時に「えらいこっちゃ!」とわかる。
 民営化された「ハローワーク」に就職相談に出かける失業者のはなし。
 なんと、相談料がいる。それなのに、仕事がみつからない。もちろん、返金なし。
仕事をあっせんしている所に顔をだすとみんなが「自分だけに仕事を・・・」と求めるばかりに、賃金が下がり続ける。
 自分達の足を引っぱるのは?誰が得をする?と失業者達が気づき、連帯しようとすると暴力で抑えようとする怖い人達。 
 負けたらあかん・・・と失業者が団結すると、怖い人々が今度は自分達の仕事がなくなる・・・「これは、えらいこっちゃ!組合つくらな」という落ちの話。
 さすがに、大笑いをしたが、あまりに、リアルで恐ろしくもあり・・・。

 親と空気と組合がなくなったらあかん!という話でしたが、もうひとつ、なくなって困るのは、公務労働。 
 官から民の大合唱だが、公の福祉が切り捨てられたら?
 企業は儲けなければ、成り立たない。 
 この間の不正、偽装、中間大搾取、なんでもあり。

 誰が被害を受けるか?
 しっかり、考えないと。
 儲からないから、公的に行なってきた様々な部署。

 市民に役にたつ所・・・これが、儲けに走ったら、どうなる?私達のくらし?
 税金を年金から徴収。保険料も住民税も・・・で、良い?生活が成り立とうと成り立とまいと、おかまいなし・・・これで、良い?
 
 ちょっと、しっかり声をつながな。
 そう痛感した。
 
 さすが、元郵便局員の落語家さんのお話でした。


 
[PR]

by kurodamichi | 2007-11-09 22:16 | Comments(1)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー