<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


♪消費税の増税反対の署名宣伝♪

f0061067_20234318.jpg

 ともうみさん。コメントありがとうございました。バタバタしていて、書き込みが遅くなりました。
 元気に活動させていただいています。

 急に秋から冬の気配を感じるくらい・・・今日も朝から、しびしびと降る雨。
 計画通り「消費税の増税反対の署名」できるかどうかはわかりませんでしたが、宣伝だけでも・・・と思って出かけました。

 本当に細かい雨が降り続けるなか、署名もさせていただきました。
 手を振っていただく方、わざわざ、声をかけにきてくださる方。

 今日は、声が聞こえたから・・・と保育所の時の教え子が寄ってくれました。もう、名前を聞かなければわからないくらい素敵な青年になっていました。
 とっても嬉しい瞬間です。

 1時間の署名・宣伝活動ですが、話し込んでいかれる方もあります。
 署名用紙が、雨に湿って署名しにくくなっていても、書いてくださる方

 ひとりの声が集まって、世論になっていく
 政治を動かす力になっていく
 
 議論せず、数の力で、憲法違反の法律を決めていこうとする政権
 民主主義というのは、数の力の無法ではない・・・少数の意見をも聴こうとすること、取り入れようとすること。
 
 今、この国を支えている国民の手の中に「政治」を取り戻す時。
[PR]

by kurodamichi | 2008-09-30 20:23 | Comments(1)

秋の日の陽光(^-^)

f0061067_21592626.jpg

 あんなに暑かったのに・・・急に秋の気配。
 夕日の光を浴びて、すすきがキラキラ
 川のささやきと共に。
 風の音がほおをなぜてくれるだけでほっと・・・。

 慌しい時の流れが緩やかになる一瞬
 周りも紅く輝く。
[PR]

by kurodamichi | 2008-09-22 21:59 | Comments(1)

(^0^) 朝の宣伝の時にいただきました ♪

f0061067_2113828.jpg

 今週は、ず~っと続けている駅前宣伝の週。
 たんぽぽだよりも72号になりました。
 台風の影響を心配していますが、今のところ、良いお天気でありがたいことです。

 たんぽぽだより71号でもお伝えをしていた「中央北地区汚染土壌対策費用、7800万円の上乗せ」の和解契約の議案が、委員会で、否決されたこと。
 私の一般質問の「ごみの戸別収集」「乳幼児医療費の無料化の拡大」を少し載せて、「後期高齢者医療制度廃止を求める請願」が委員会で、3対4・・・否決になっていることなどを掲載。

 もちろん、「福田首相の突然の退陣」の話しをしながら、「首の挿げ替え」でなく、「政治・政策の中身を変えること」のお話しを・・・。
 「後期高齢者医療制度」や「混合診療」「自治体病院」の話し、「国の責任」「自治体の責任」のことをお伝えしました。
 いつ、解散総選挙になるのでしょう・・・。

 その、駅前で、いただいた「ドラえもん」
 車に乗せていると、小学生だけでなく、中・高校生も大喜び(^^)
 大好きですよね・・・。

 もちろん、私も大好きです。
 少し、ほころびているところを手当てします。

 今日は、先週「心臓マッサージ」をさせていただいた方のご家族から、お礼のお電話をいただきました。とってもとっても嬉しいことです。
 良い経験をさせていただきました。

 良かった・・・(^^)

 
[PR]

by kurodamichi | 2008-09-17 21:13 | Comments(0)

秋が、いっぱいo(^o^)o♪♪♪

f0061067_17274.jpg

f0061067_172716.jpg

 日中は、まだまだ…溶けそうに暑い日もあるけれど…秋が、あちらこちらに…~ヽ('ー`)ノ~

 まだまだ、セミが鳴いているけれど・・・。
 
 彼岸花も見つけたし 
 色づいた葉っぱも見つけたし
 風が、心地良いし
 お月様も綺麗だし・・・。

 今日は、車の窓にバッタさん(^0^)
 わくわく・・・

 バタバタしているけれど・・・ホッとする瞬間

 季節の移ろいを実感
[PR]

by kurodamichi | 2008-09-16 17:02 | Comments(0)

乳幼児医療費の無料化の拡充を求める請願や後期高齢者医療制度廃止を求める請願など3件の請願…否決(-"-;)

f0061067_0494489.jpg

 10日(水)は、厚生経済常任委員会。
 「コミュニティセンター」などの有料化の議案を含め、市民の方からの請願3件の審査がありました。

 後日、報告しますね・・・。
 明日の準備で、アセアセ・・・(^^)
[PR]

by kurodamichi | 2008-09-12 00:49 | Comments(0)

中央北地区…汚染土壌対策の追加費用…和解契約の議案・委員会で否決(-"-;)

f0061067_2157225.jpg

 この間、お伝えしている「中央北地区の汚染土壌対策」の費用上乗せの問題に関する議案。

 2007年度の予算「3億円」
 最初、契約した企業が、なんと、大阪枚方市のごみ焼却場の談合問題(ご縁です~!)でだめになったので、再度、仕切り直し。
 なんと、低い価格で、5社が横並び・・・くじ引きで、今回の企業が約2億2000万円で、落札。

 工事が始まり、今年3月に工事完了。
 その工事費の支払いで、もめ、今回の「和解契約」の議案になった。

 そもそも、契約内容に大きく変更のある時は、議会に報告。契約金額の30%を超える場合は「別契約」を含め、再度、議案として提出し、議会の議決が必要。

 今回の問題は、議会や決まりを無視している点。

 3月議会には、この予算の「繰越明許費」が、提出されて、委員会から「意見」が提出された。

 工事の上乗せ分の「約7800万円」の支払いを工事が完了してしまっているので、「和解契約」を結ぶ「議案」として提出。工事費は、約2億9000万円になる。

 今日、建設常任委員会で、審査された。

 なぜ、工事の上乗せになったのか?
 もともとの「契約内容」は・・・?
 なぜ、工事を止めて、「議案提出」できなかったのか?
 3月に終わっている工事・・・なんで、今頃・・・?
 「議会」と「行政」の役割・・・この点での質疑の連続になった。

 そして、この「和解契約」議案は、委員全員で、否決。
 きっと、25日の本会議でも、否決になるのだろう。

 3月議会に続く、失態。

 3月議会では、「大型ごみの有料化」の議案が全員で、不採択になった。
 公民館などの「貸し館有料化」や「留守家庭児童育成クラブの延長保育料」などの議案に対して、修正案がのきなみ提出された。

 中央北地区開発の矛盾がどんどん、膨らんでいく。 
 この開発だけ特別では、ない。

 ルールを守ること。
 市民が理解、納得できること。
 大切な税金の使い方、使われ方の問題である。

 川西市は、19日に「H19年度の決算」の議案が提出され、10月に入り、委員会が持たれる。

 しっかり、チェックがいる。

 明日は、水道と病院の決算委員会。

 
 
 
[PR]

by kurodamichi | 2008-09-11 21:57 | Comments(0)

猪名川上流広域ごみ焼却場…8割完成

f0061067_6112099.jpg

 8日(月)猪名川上流広域ごみ処理施設の見学。
 案内をしていただきました。

 約8割の完成・・・この11月から、ごみの搬入。12月から試運転・・・来年4月には、本格稼動の予定です。

 この土地の選定で、様々な問題がありました。
 土地の価格の問題では、今、住民裁判が行われています。

 施設契約の件でも、「価格の高さ」で、住民裁判が行われています。
 9日(火)は、神戸地方裁判所での裁判傍聴にも出かけました。

 税金の使い方、その使われ方の中身について、住民が理解、納得できるのか・・・?
 今、まさに、その事が問われています。

 この間、施設組合議会や市民請願の採択に向けての意見でも言っているけど、「ごみの問題」は、環境の問題・・・それも地球規模の。

 地球温暖化は、平均で、0.76℃の気温上昇・・・日本の国で、約1℃・・・東京都だけでは、約3℃も上昇している。
 もちろん、クーラーなども含め「ヒートアイランド現象」と言われてから久しい・・・。東京23区では、「大型ごみ焼却場」の燃焼・発熱の問題やCO2排出・・・ごみ増加の根幹に関わる「その他プラスチック」を燃やすことの問題をはじめ、企業の「拡大生産者責任」などに対しての取り組みがはじまっている。
 
 個人の努力も大切・・・しかし、この国のCO2排出の約8割を大企業が排出しているのだから、国の責任が問われる・・・。

 ごみの減量、徹底して行われなければならない。そして、リサイクル・・・。

 再資源化も大切だが、それだけが優先させられると、膨大な税金投入になっていく。
 それをする「企業」の儲けの追求になるのだ・・・。

 私達のこどもや孫に、地球をバトンタッチしていくために考え、行動していきましょう。

 石油
 プラスチック製品

 便利だけれど・・・。
 私達の生活、時間の使い方も変えていかなければならないのでしょうね。

 真剣に!
[PR]

by kurodamichi | 2008-09-11 06:11 | Comments(0)

質問パート2

f0061067_2361842.jpg

 残念・・・表は、コピーできませんでした・・・(ーー)
 きっと、何か方法があるんだろうけど・・・。各自治体の調査も含めて、資料にして、傍聴に来られた方には、お渡しをしているのですが・・・。他市の状況を知ることはとても、大切。
 大切な税金の使われ方は、真に「効果的」に使われなければなりません。
 手と声をつなげていきましょう(^^)
 
 住民の目線で、理解・納得できることが基本です。
 
 「乳幼児医療費の無料化」は、猪名川町では、小学校入学まで、通院無料。入院は小学校6年生まで無料・・・。所得制限はありません。

 三田市は、通院は猪名川と同じ。入院は、中学校卒業まで、無料。保護者の所得制限があります。

 伊丹市は、通院、入院とも、猪名川と同じ。所得制限がありますが、入院時、「食費」の助成があります。

 阪神間近隣で、川西市が、最低です。少子化が他市より進む川西市として、子育て施策は最優先課題のはずです。

 今日は、議場で、写真を撮っていただきました。
 また、載せますね・・・。

3,「乳幼児医療費の無料化」を拡充することについて

 どの子も健やかに育つために、病気やケガの時に、経済的不安なく病院にかかり、治療するのは当たり前のこと。この間の保護者の経済的状況の困難さ、更なる少子化の傾向の解決にむけて、阪神間のそれぞれの自治体では、毎年のように、自治体独自の「乳幼児医療費無料化」がすすんでいます。阪神間でも、うんと少子化が進む川西市として、さらに「安心して、通院、入院できる」施策拡充を早期にすべきという立場で質問をします。

    ①「乳幼児医療費無料化」の拡大をすることについて

    ②入院時の「食費」に対する「補助」をすることについて

4,「留守家庭児童育成クラブ」の延長育成実施について

 働くお母さんが増え、働き方が多様化していること、こども達の育ちを保障していく上でも「留守家庭児童育成クラブ」の必要性、更には、「延長保育」の実施の必要性は明らかです。 
  
 この間、保護者の就労実態を踏まえ、アンケート調査を実施。阪神間でもいち早く「延長育成」がスタートしました。
 しかし、アンケートの結果、希望者が5人以上あるところで、7月1日より、「延長育成」をはじめるとしたため、市内16校中、6校でしか始まりませんでした。 

 そのため、アンケートで、4人しか希望者がいなかったために、「延長育成」がはじまらなかった学校、実施したけれど、「利用者なし」という学校など・・・矛盾が生まれています。「延長育成」が必要なこどもがいる学校では、実施することが当然です。

 来年度から、「延長育成」の実施を全ての「クラブ」で行うべきだと考えますがいかがでしょうか?

5,審議会・協議会の資料配付と委員構成の考え方について

 この間、川西市のまちづくりに対して、様々の審議会、協議会が持たれています。審議会・協議会の開催は、公開の原則に則って行われていますが、傍聴者への資料配布は、式次第しか配布しないところ、意志形成過程の段階でも全ての資料配付をするところなどそれぞれの審議会・協議会で大きく違います。そこで、より、開かれた市政をめざすためにも、市民にわかりやすく参加しやすい審議会・協議会になるよう、より丁寧に、資料配付するべきだと考えますが、いかがでしょうか?
 また、審議会・協議会の委員構成は、より、広範な方の意見を伺えるよう工夫すべきだと考えます。男女比、年齢層、学識経験者・地域代表などの重複、居住地域の配慮などについての市の考え方についてお聞きをし、市民がより、積極的に「まちづくり」に参加できるよう改革していくべきだと考えますが、いかがでしょうか?
  
[PR]

by kurodamichi | 2008-09-05 23:06 | Comments(0)

一般質問が終わりました・・・(^-^)

f0061067_22485100.jpg


 一般質問の原稿をコピーして、載せることができました(^^)
 少し、進歩・・・これで、また、皆さんにお伝えしやすくなります。
 
 川西市の街づくりとして、どんな施策をつくっていくのか・・・税金の使い方、どこに重点を置くのか・・・ごみの戸別収集は、今、全国で、広がっています。年間、約26億円も使っている「ごみ行政」住民の願いに応じた改革こそすべきではないでしょうか。
 市長の答弁を求めましたが、市長は立たず・・・。
 市民ひとり当りに換算すると、川西市って、他市より高額の「ごみ処理費用」になっています。
 なぜ、なんだろう・・・?
 調査した、表もコピーできるかなぁ・・・?

1、ごみの戸別収集を実施する考えについて

 川西市は、今、来年度からの新炉稼働にむけて、高齢者や障がい者の戸別収集をする「規定」をつくり実施される予定で、市民への説明がはじまっています。
 
 この間、私は、様々な場面で、ごみステーション、ごみ当番、カラスの被害など、市民に起こっている様々な問題を伝え、その解決のために「戸別収集」をするべきだと提案し続けているところです。

 新炉になり、新しい分別収集がはじまると、月曜日から金曜日まで毎日、ごみステーションには、ごみが置かれることになります。「燃えるごみ」の回収が午後から行われる地域がつくられることも明らかになり、様々な問題がより大きくなっていくことが危惧されます。

 今まで述べてきた問題に、市の高齢化の問題も含め、市として、できるだけ早期に、できる所から「戸別収集」をはじめていくべきだと考えます。

 来年度実施においては、「ひとり暮らし」と限定するのではなく、「老老」の場合など、その「規定」を実態に応じたように、もっと拡充すべきだと考えますがいかがでしょうか。

     ①市として、今後「戸別収集」をすることの考え方について

     ②実態に応じた「戸別収集」をすることについて

2、移動図書館を存続することについて

 川西市立中央「図書館」は、「市民のニーズに応える資料を収集・提供し、こどもから高齢者まで幅広い年齢層に愛され、親しまれ、利用される魅力ある図書館」を目的とし、その運営に尽力されているところです。

 その、「図書館」の補完的役割を果たすために運行されている「移動図書館」。地域では、小さなこどもから高齢者の皆さんまで、「本」が届くのをとても楽しみに、期待されています。

 この間、さらに、市民の方に役立つ図書館サービスとして、「中央図書館」の祝日会館や、「中央図書館」と9つの公民館、18カ所を巡回貸し出しする「移動図書館」にインターネット予約を導入、連携をとり、図書の充実もはかられています。

 先日、「川西市図書館協議会」では、さらなる、図書館の拡充にむけて指定管理者制度の導入はそぐわないとの提言が行われたわけですが、地理的なことも含めて、「移動図書館」のさらなる発展が期待されます。市としては、廃止の方向ではなく、継続さらに地域への働きかけを多くしていくなどしていくべきだと考えますがいかがでしょうか。

    ①市としての「移動図書館」の役割、位置づけの考え方について

    ②「移動図書館」を継続、発展させることについて
[PR]

by kurodamichi | 2008-09-05 22:48 | Comments(0)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30