<   2008年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


また…載っちゃいました~ヽ('ー`)ノ~

f0061067_23292243.jpg

 今朝は、昨日の新聞を見た方からお電話をいただきました。
 ボランティアで、「救急救命」の講習などをされておられる方で今日の会合で「新聞記事」の話しをしたいと・・・。
 勇気をもって対応することで、いのちを助けることができる・・・ぜひ、もっと講習等を受ける人や行動できる人を広げていきたい・・・と・・・。

 たくさんの方から、メールや電話、FAX・・・頂戴して本当に驚いています。
 新聞・・・ってすご~い (^^)v
  
 とても良い経験をさせていただきました。
 
 心臓マッサージをしている時、
 「生きたい」という命の声を聴いた感じがしました。私は、必死で大声で「大丈夫ですよ~がんばってくださいね~」さけびながら胸を押し続けた。

 時々もどる息までいかない空気の音・・・血の流れまでいかない圧
 心臓も呼吸も止まっていた・・・止まっていても・・・生きたい・・・というメッセージが伝わってきた・・・。

 貴重な体験をさせていただいた・・・。

 「私の2度目の誕生日ですよ。
 ここに居られるのは、私の親ですよ・・・。」そう挨拶をされた。

 本当に素敵なことば・・・とてもとても嬉しかった。
 
[PR]

by kurodamichi | 2008-11-28 23:29 | Comments(0)

新聞に載っちゃいました(*^_^*)

f0061067_22392681.jpg

 昨日の「人命救助表彰式」の後、記者さんがいらしての取材・・・(^^)
 載るのかなぁ・・・と思っていたら・・・なんと(^0^)

 朝一番にメールが来て「新聞 見た見た!」と・・・。
 今朝は、議会報告ビラをお渡しする日だったのでお配りしていると「見ましたよ」とお声をかけてくださる方がたくさん・・・。
 それからもメールがきたり、電話が入ったり・・・。

 新聞報道ってすごい反応(^0^)

 記事がカラーでビックリ・・・記事も多くて・・・さすがやなぁ・・・(^^)とつくずく・・・。

 家にもFAXが・・・。

 皆さん、ありがとうございました。
 本当にとても良い経験をさせていただきました。

 記者さんが、新聞を3部わざわざ持って来てくださいました。
 ばあちゃんに送ってあげよう・・・。

 ありがとうございました(^^)
 
 
 
 
[PR]

by kurodamichi | 2008-11-27 22:39 | Comments(1)

感謝状をいただきました (^^)v

f0061067_2338388.jpg

f0061067_23383840.jpg

 9月定例会の厚生経済常任委員会の日(9月10日)・・・夜7時からの地域の会議に出かける時、清和台で、心肺停止の運転手さんに遭遇しました。
 研修などで経験があるものの、初めて「心臓マッサージ」を経験しました。
 救急隊員が駆けつけるまでの間、必死でがんばっちゃいました(^^)時々もどりそうになる鼓動・・・生きよう・・・という手ごたえでした。

 今日は、朝から消防本部に・・・。
 「人命救助表彰式」で、感謝状をいただいたのですが、とってもとっても緊張・・・(^ー^)
 
 実は、ご夫婦で式に参加をされて、私は写真のようなとても美しいお花をいただきました。記念撮影までしていただいて・・・とても嬉しかったです。

 「あの日が2度目の誕生日です。」とご挨拶をされましたが・・・とても感動しました。
 あの日から、はじめてお会いしたのですが・・・とてもお元気で何よりでした。

 救急隊員の皆さん達とも写真に納まり・・・とても素敵な経験をさせていただきました。

 今まで生きてきた中で一番緊張してしまいました(^0^)

 ありがとうございました・・・。
 
[PR]

by kurodamichi | 2008-11-26 23:38 | Comments(2)

箕面の滝(^-^)昆虫館(^-^)/~

f0061067_1905829.jpg

f0061067_1905813.jpg

f0061067_1905823.jpg
 
 朝は、日差しが射していましたが、天気予報通りの雨・・・。
 天候で、今日の予定がキャンセルになったので、箕面の紅葉を観に出かけました。
 パラパラ・・・小雨の中でしたが、朝早くからたくさんの方が来られていましたよ。

 まだ、紅葉まっ盛り・・・ではありませんでしたが、紅葉している木々は、まるで、蛍光カラーのように綺麗でした。
 枯葉がハラハラと舞い落ちて・・・冬のおとずれを告げていきます。
 枯葉を踏むとカサカサ・・・。

 箕面の昆虫館には、はじめて入りました(^0^)
 とても静かな空間で、ヒラヒラ・・・と舞う蝶・・・。

 つかの間のひと時でしたが、季節の移ろいを実感できました。
 
 久しぶりの雨の日・・・今日は、夕方の署名も中止。
 大きく予定変更の一日でした。

 
[PR]

by kurodamichi | 2008-11-24 19:00 | Comments(0)

お家にお届けしますね(^-^)v

f0061067_2051762.jpg

 議員団のニュースです。
 はじめてのカラーで、4面立て・・・。

 「川西病院」が私達の安心の病院として拡充されていくように。
 
 川西市の財政状態と「中央北地区」の無謀な開発の問題。

 学校耐震化計画など、皆さんとともに進めてきた「要求」実現。
 まだまだある「要求」について・・・。

 もちろん、議会での議案や請願に対するそれぞれの会派の態度・意見なども載せています。

 住民の要求が実現されていくことが、政治の役割・・・そのための財源をどう確保していくのか?国の政治のあり方と兵庫県の政治、川西市としての政策・・・。

 この国をこの街を支えている住民の声を聴くことが基本でしょう。
 ぜひ、お声を聴かせてくださいね。

 この間の「後期高齢者医療制度」廃止のことも・・・。

 医療費と教育費を無料にしている「資本主義国」でも国はつぶれていませんからね・・・。
 本当に国が元気になっていくために、「国民の不安」を取り除くことが政治の責務ですよね。
[PR]

by kurodamichi | 2008-11-23 20:51 | Comments(0)

誰が責任を取るのだろうか…(-"-;)

f0061067_19251090.jpg

 新聞報道のあった「猪名川上流広域ごみ処理施設  国崎クリーンセンターの排出ガスの基準が守られない」・・・という先日の説明後、改めて21日金曜日に説明会が持たれました。

 結局のところ、新しい設備は必要でなく、「600度で、約6時間ほど空焚きをしてから、ごみを投入することで、排出基準は守られる」ということでした。

 しかし・・・

 なぜ、今頃(試運転)になって、このようなことになったのか?

 仕様書に「立ち上げ・立ち下げ時にも基準を守ること」が明記されているにも関わらず、企業からの説明で、明らかに「基準が守られないこと」をやむをえない・・・としてきた組合のいい加減さや企業言いなりの無責任さが、露呈しました。

 10月17日の「環境保全委員会」で問題にされたので対策を考える・・・ということからも明らかなように、その時点で問題視されなければ「やむをえない」で終わっていたという組織の問題です。

 また、11日に説明がされた「乾式排ガス処理システムでの対応」や金額等の企業と協議中・・・としていたことについては、

 「乾式のシステムでも基準は守られなかった・・・何もしないよりマシ・・・」という答弁にあきれかえりました。11日の説明では、そんな言い方はしていませんでしたから・・・。
 結局、「空焚き」なので、金額もかからない・・・ということですが、そんな簡単な対策を企業がわからないはずがないでしょう。

 「6時間の空焚き」が、果たして安全・安心の担保になりえるのか?

 「排ガス基準は守る」と言い切りますが・・・。

 しかし、炉が{空焚き」に耐えられるのか?
 その運転のために、莫大な費用がかからないのか?
 建設した企業と運転管理をする委託業者の連携はうまくいき、安心・安全の稼動が担保されるのか?
 機械の性能の責任か運転技術の責任か・・・やはり、責任の所在はあいまいなままです。
 
 様々な疑念が新たに生まれてきました。

 そして、組合の答弁は、「管理・監督していきます。」しかないのです。

 議員総会の冒頭に、議員の追及にも、局長が「本来すべきことをしてこなかった組合の不手際・・・」と謝罪をされましたが、結局のところ、約200億円総事業費を払い、何かあった時に環境や健康に被害を受けるのは、「住民」だということです。
 誰が責任を取るのか・・・取らせるのか・・・住民がしっかり見守り、見届けなければなりません。

 私達が見学に行った「枚方市」
 「国崎クリーンセンター」は、この類似施設より建設費が、1.5倍。
 なぜ?高額?の質問に、「国崎クリーンセンターは日本一、世界一の排出基準の炉だ・・・。」組合がずっと言い続けてきた言葉です。
 枚方市で、「談合」が明らかに・・・。
 川西市では、「建設企業への恐喝事件が明らかに」なりました。
       (この件での資料が裁判所に提出される予定です。)

 「国崎クリーンセンター運営委託料3年」は「枚方市(約5億円)」の1.5倍・・・7億6500万円。
 維持管理費は、まだこれからです・・・。
 どれほど、高額やねん・・・と言いたい。!

 茨城県築西市240トン炉・・・1年間、運営委託料2億8000万円と維持管理費の合計で、約6億円。
 「国崎クリーンセンター」の維持管理費は果たして・・・?

 企業の言うがままにならないように・・・。
 まして、能勢・豊能のダイオキシン事故が、この広域での建設の大元なのですから、「事故はあってはならない」のです。そのための危機管理が必要なのですが・・・。

 排ガス濃度表示は、最低値・最高値ともに記録されていくのか?(平均値だけでなく)
 「6時間の空焚き(バーナー)」によって、どの程度の「排出値」になるのか?・・・今回の説明でもまだ、明らかにされず・・・後日「資料提出」になりました。

 情報を公開すること、
 「大丈夫」ではなく、「もしも」に備えて、幾重にも幾重にも対策を取ることが危機管理です。
 そして、一番は、「住民のいのちや健康を守りきる」という自治体の責任とそれぞれの立場の人間の誠実さ・・・が大切と感じています。

 お隣の伊丹市は、豊中市との広域連合組合ですが、「委託運転」ではなく「市直営」の運転を堅持し、新しい炉を計画。
 全国で、事故ばかりの「灰溶融炉」は、つけない方向のようですが・・・。

 これからも、また。お伝えしますね。

 
 

 
[PR]

by kurodamichi | 2008-11-23 19:25 | Comments(0)

川西市の市花 りんどう(^-^)v

f0061067_2141914.jpg

 インフルエンザが、流行りかけているようです。ぜひ、お身体に気をつけてお過ごしくださいね
(^^)

  国崎クリーンセンター 排出基準守れ
        住民が納得、安心・安全の炉を

 11月11日の猪名川上流広域ごみ処理施設組合議会の後「12月から試運転が始まる炉を始動させる際、廃ガスの組合独自基準を上回る可能性がある。対策・金額とも企業と協議中」と説明がありました。(11月14日付け読売新聞朝刊でも報道)

 そもそも、この炉は近隣の類似施設と比べ建設費用が1.5倍と高額。「高いのは、廃ガス基準が日本一」と説明を繰り返していました。試運転が始まるこの時期に「基準が守られない」「対策費用も協議」では住民の納得は得られません。

 21日に再度説明が行われますが、「基準値堅持」はもちろんのことデーターなど情報公開を含め、住民が理解納得できるように見守っていかなければなりません。

 (今後とも随時、経過を報告します)
[PR]

by kurodamichi | 2008-11-20 21:04 | Comments(0)

急に寒くなりました…{{ (>_<) }}

f0061067_1910368.jpg

 急に季節が進んで、とってもとっても寒くなりました…(^-^)
 毎月お配りをしている「たんぽぽだより」も74号を向かえました。今月は、「川西病院の今後の経営の問題」と「国崎クリーンセンターの排出基準が守られない問題」を掲載しています。
 
 出かける時に、車のフロントガラスが凍っていました。
 うんと、冷え込んでいます。
 

        住民のいのち・地域医療を守るため
   「独立行政法人化」でなく、川西病院の存続・拡充を

  川西病院の経営をめぐる「市立川西病院事業経営改革審議会」の答申が11月13日提出され、市としての計画作りがはじまります。

 全国的に大問題になっている「医師不足」と経営困難の自治体病院。
 政府の医療費抑制政策の結果、医師の数は人口1000人あたり2人(07年度)と絶対数が不足し、OECD加盟国30カ国中27位。04年の「研修医制度」導入を契機に医師不足が深刻になっています。

 川西病院でも、努力されているものの小児科・産科医師の欠員や診療報酬の引き下げによる経営悪化が続いています。
 もともと小児科・産科・救急外来などは「赤字部門」。だからこそ自治体経営として、一般会計から繰入を行い地域医療を守ってきました。

 しかし、政府は国の「財政健全化」を理由に地方への交付税カットなどで病院や支える自治体を兵糧攻め。国の責任を放棄したうえで自治体に対して「自治体病院の独立行政法人化など」の計画作りを押し付けています。

 川西病院は、自治体病院としての「役割・責任」があり、特に川西北部、猪名川・豊能・能勢町の方の「入院・通院」を支えています。
 地域医療の拠点として、住民の命を守りきる立場で、川西病院を自治体病院として存続、安心の医療を提供できる病院作りにこそ全力をあげるべきと声をあげていきましょう。
 (議会ホームページに審議会会議録が開示・今後、市民の意見を聞くことになっています)

 病院の建物だけが残っていれば良いのではない。
 住民のいのちを守りきる医療の提供がなければならない。
 総合病院としての役割を果たさなければならない。

 川西市は、地域医療の拠点を守りきる責務を果たそうとしているだろうか。
 市民ひとりひとりを守りきる決意があるだろうか。
[PR]

by kurodamichi | 2008-11-20 19:10 | Comments(0)

なぜ、消費税に固執するか・・・(ーー)

f0061067_847078.jpg

f0061067_84716.jpg

 消費税って「平等税」という宣伝がガンガンされているけれど・・・とてもとても不平等なものだってこと知っていました?

 大企業にとって・・・そもそも商品の価格に消費税は転嫁できるし、下請けに肩代わりさせることができるので、まったく損はしない・・・このことは比較的知られています。
 
 が、「大企業だけが儲かる仕組み」が作られていることを・・・。

 写真は、11月17日付けの「全国商工新聞」
 全国商工団体連合会が発行している新聞です。

 輸出大企業10社だけで、2007年度「消費税還付金」1兆1450億円。
 「輸出もどし税」といわれるもので、巨大輸出企業が自動車やテレビを外国に輸出した場合、外国のお客さんから日本の消費税をもらえないから、消費税分を「還付」するという制度です。

 トヨタ自動車株式会社などは、
 最近1年間の売上高が 12兆792億円
 そのうち、70.6%  8兆5294億円が輸出販売
 その輸出販売に対応するかたちで 約3219億円が還付されているのです。

 平成20年度の巨大企業に対する還付税金は約4兆円。
 消費税収13兆3387億円の約30%に相当します。
 消費税の30%は、巨大企業に「お渡し」するというひどい制度です。

 巨大企業や企業献金を貰う政党、パーティ券を買ってもらう(政治家)が「消費税」の「増税」にこだわることが理解できます。

 2兆円のお金を国民にばらまいてでも、「消費税10%」にこだわることがよくわかります。
 大企業は、「消費税」が増れば増えるほど儲かるのです。

 国民の福祉のためだと「消費税」を導入し、大企業や大資産家のために減税につぐ減税をしてきた・・・「戻し税」で、税金を還付する。

 恐ろしいほど、不平等な税金「消費税」です。

 こどもがチョコレートをひとつ買っても5%の消費税。
 高齢者も障がい者も同じ・・・。
 年金生活者も・・・。

 食品にも日用品にもかけられて私達を苦しめている。
 電気やガス・水道・・・病院代にもかけられて「命」を切り刻む。
 小さいお店ほど苦労が耐えない。

 社会保障費2200億円毎年削減・・・ひどい政治になっている。

 
 
 
[PR]

by kurodamichi | 2008-11-16 08:47 | Comments(1)

恐竜の町・・・丹波市山南町(^ー^)

f0061067_847470.jpg

 丹波市まで出かけました。柏原町くらいまでは、気温もこのあたりとほとんど変らないけれど・・・山南町のトンネルを越えると風が冷たい・・・季節がひとつ進んだみたい(^^)
 とても美しい山の稜線・・・色づく木々。

 次から次へ目に入ってくる山並みがとても綺麗でした。
 まだまだ、これからが本番かなぁ・・・。

 兵庫県って広いなぁ・・・改めて感じます。
 平成の合併で、より広大な土地になった丹波市・・・。
 「はしっこの町は捨てられた・・・。」そうならないことを願います。
 
 豊かな自然、農業、人情・・・大切にしていきたいたくさんの思い。
 
 長い年月積み重ねてきたものを壊してしまうのは、一瞬・・・。
 新しいものとの共存、
 早くではなく、丁寧に・・・
 いろいろ考えた一日。
 

 色とりどりの景色を観ながら・・・遠足みたいでした♪♪♪
[PR]

by kurodamichi | 2008-11-16 08:47 | Comments(0)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー