<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


少しずつ…春の色が(^-^)

f0061067_21423698.jpg

 2月も、もう終わり・・・あちらこちらに、春の色が・・・。
 蝋梅・・・紅や白の梅・・・(^^)

 24日(火)からはじまった川西市議会。
 今日から、市長の施政方針に対しての、それぞれの会派の総括質問がはじまりました。

 私は、来週一般質問・・・4日(水)の午後かなぁ・・・。
 大きく3つのことで、質問(提案)をします。

 2009年 3月 定例会  一般質問(要旨)    黒田みち

1、川西市の「公的保育」を堅持することについて

 平成21年度、大塩市長の施政方針の「笑顔・ときめき・川西プラン」の重点施策では、第一番目に「次代を担うこども達が健やかに育つ環境づくり」が、あげられています。
 主要施策、「子育て支援」では、子育てや仕事との両立を支援する「次世代育成支援対策行動計画」の後期計画の策定、保育所の整備計画や、保育所への支援などの取り組みをすすめられようとしています。

 こどもの育ちや、保護者の就労を保障することにかかすことのできない市内保育所(公立9ヶ所・民間認可園5ヶ所)では、今年度4月1日時点、新基準で3人、旧基準で31人の待機児童がおり、そのほとんどが、0歳児・1歳児・2歳児という「3歳未満児のこども」になっています。
 今年1月1日時点でも、昨年6月から新しい民間保育園が増えたにも関わらず(計15認可園・定員1110人)、新基準で35人、旧基準で106人のこどもが待機になっており、その内、未満児は、新基準で、33人、旧基準で、102人という実態になっています。
 最近の厳しい社会・経済状況もあって、働く保護者がどんどん増え続けています。
 所得に応じて保育料が設定される認可園に入所できない場合は、定員に空きがでるまで無認可保育所や保育ママなどで保育をしてもらいますが、保育料が一律で高額なため、保育所に入らず、職場やその日その日を綱渡りのような生活状況で、認可園の入所を待っているお宅もたくさんあります。
 特に、市内では、0歳児~2歳児の入所児童数枠が少ないため、年度途中だけでなく、今年度のように4月1日でも入所できない場合が数多く起こっています。
 市立栄保育所では、「廃園」が決まり、今年度から1歳児の受け入れをやめています。また、平成21年度は、2歳児の受け入れをしません。
 しかし、この社会状況下では、3歳未満児の受け入れを休止するのではなく、3歳未満児の受け入れを行うこと、また、「廃園」を決めたものの市内で、待機児童が解消できない間、「分園」としてこどもの受け入れをすべきだと考える立場で、4つのことを質問します。

①「栄保育所」で、3歳未満児の受け入れを行なうことについて
②「栄保育所」を分園として、こどもの受け入れを行なうことについて
③待機児童の件などのことだけではなく、川西市としての「公的保育」の考え方について、また、「公的保育」を堅持するための具体について
④新「保育指針」の内容を具体化させていくことや、真の地域の子育て拠点としての保育所整備をすることの計画(地域間格差を是正することも含め)について
 

2、高齢者(障がい者)から、医療や介護を奪わないことについて

 「後期高齢者医療制度」が、昨年4月からはじまり、もうすぐ1年になります。1ヶ月15000円以上というわずかな年金から保険料の天引き、「後期高齢者医療」の導入など、国民皆保険制度の解体であり、差別医療の導入など、いのちに格差がつけられる・・・と全国で「廃止」を求める声が広がり、3月3日現在、全国で、667の自治体から国に対し「廃止を求める」意見書があがっています。
 保険料を1年滞納すると「資格証明書」の発行。川西市内では、「保険料滞納」の方が、昨年お聞きした時点で、287人。
今まで、高齢者や障がいをもった方は、病気になりやすい、重度化、長期化しやすいといった特性のため、医療機関での10割負担になる「資格証明書」の発行は行なわないこととしていました。
 しかし、「後期高齢者医療制度」は、保険料を1年以上滞納した場合、原則として「保険証」の返還、事実上「無保険」の状況に追い込まれます。(障がい認定を受けた65~74歳で、後期高齢者医療に移られた方も同じです。)
 また、市内「介護保険料」の滞納者は、平成19年度の収納状況でみると542人。保険料滞納後1年で、サービス利用料10割負担をして償還払いになることから、実質的に、介護から外れることになります。
 自治体の責務として、高齢者や障がい者から、医療を奪うことがないよう、また、必要な介護を受けることを堅持すべきという立場で、2つの項目で質問をします。

①「保険証」を取り上げないことについて
②市としての、高齢者や障がいをもった方の「医療」や「介護」を守るための具体的な手立てについて


3、「国崎クリーンセンター」建設に関わる「恐喝未遂事件の供述記録」に対する市の対応姿勢ついて

「国崎クリーンセンター」建設に関わり、地元対策を引き受けるために創設された会社の役員と政治団体幹部が、建設を請け負っている企業を相手におこした「恐喝未遂事件」は、平成19年12月3日付けで起訴、平成20年5月13日宣告、同28日、刑事事件として確定しています。
 供述記録には、「入札前に、受注企業が決まっていたこと」「入札前に、2回に渡って受注企業から計3000万円のお金が渡っていたこと」「地元対策費やコミッション料として1億3000万円のお金が支払われていたこと」「これらのお金を捻出する時は、帳簿上、2、5倍のお金を計上する・・・」といった発言が記されています。
 「国崎クリーンセンター」は、構成する1市3町で、それぞれの負担金を払うことになっています。そこで、負担金の約7割を支払う川西市としての考え方を伺います。

 ①「恐喝未遂事件」における「供述記録」の内容について川西市としての考え方、今後の取り組みについて
 ②川西市として「施設組合」の契約に関して、十分な対応(チェック)を行なったかについて

 以上が、最初の質問内容です。
[PR]

by kurodamichi | 2009-02-27 21:42 | Comments(0)

朝のご挨拶(^-^)

f0061067_2213236.jpg

 今日から、朝宣伝・・・雨が時々ポツリ
 温かい朝(^^)

 今朝は、北野のり子さんと一緒
 なぁんと・・・今日は、24日・・・消費税増税反対の署名宣伝の日
 夕方も一緒でした(^0^)

 お疲れさま・・・風邪ひかないようにしてくださいね(^^)
[PR]

by kurodamichi | 2009-02-24 22:13 | Comments(1)

ホッとひといき…(^-^)

f0061067_23395045.jpg

 見ているだけで、ホッ(^^)とします。
 バタバタばっかり・・・ゆっくりお菓子を焼くこともうんと少なくなりました。
 その代わり・・・娘が焼くことが増えました。
 それはそれで・・・良いかなぁ・・・と感じつつ、やっぱり気分転換もしなくっちゃ・・・。

 あったかいお茶を入れて・・・ホッとひといき・・・(^ー^)
[PR]

by kurodamichi | 2009-02-23 23:39 | Comments(0)

やっと、水仙のつぼみが…(*^_^*)

f0061067_1930272.jpg

 我が家の水仙はいつもうんと遅いのですが・・・やっとつぼみが顔(^^)を出しました。
 頂いたパンジーが、笑顔いっぱいで玄関で迎えてくれていますが、水仙の甘い香りもまた、「春」を告げてくれます。
 いつ、花が咲いてくれるでしょう・・・楽しみです。
 スズメのおしゃべりが盛んになってきました。
 「九州宮崎では、ツバメが姿を見せています・・・」と便りが届きました。

 季節の移ろいは、必ず「春」を運んでくれ、目に耳に、私達の五感に「春」を感じさせてくれます。

 バタバタとめまぐるしく過ぎていくこの時期・・・だからこそ、とてもありがたい「春のおとずれ」(^^0)


 (^0^)Kawanishi_Masaさん・・・コメントありがとうございます。
 ごみ焼却場の件では、場所の選定や契約金額の問題をはじめ、粘り強く取り組んでいます。
 ちょうど、2年前には、「施設組合の環境保全委員会」の会議録の大幅書き換えを是正させたり、「運転稼動の全面民間委託」をやめるよう、問題点を明らかにし、「直営を堅持するよう」申し入れたり、今回、試運転が始まる段になって、「施設組合の排ガス基準が守れない」件を徹底して追及するなどの取り組みをしています。
 これからは、「南部・北部の廃炉」の問題なども注視していかなければなりません。
 何かある度に「たんぽぽだより」でお知らせをしているところですが、中々お配りする枚数が・・・(^^;)でも、「たんぽぽだより配布網」の協力をお願いし、増やしていきたいとがんばっているところです。

 事実を忘れない。当たり前のことにこだわる・・・これからもがんばっていきます。
 本当にありがとうございます\(^ー^)/これからもよろしくお願いします。

 
[PR]

by kurodamichi | 2009-02-22 19:30 | Comments(0)

中央北・開発を考える…まちづくりフォーラム

f0061067_2244821.jpg

 この間、ずっと取り組んでいる「まちづくり委員会」・・・。そして今日は、「まちづくりフォーラム」。
 50人近い方の参加で行なわれました。

 「中央北地区開発」の大きな問題として・・・
 開発のための予算の計画がないどころか、川西市の今の財政状況は、「行財政改革を一層厳しくしても、今年も基金を取り崩さざるをえないこと・・・。」
 「地域の商店が本当に生き残っていこうとすれば、その近くで大型店舗が来ての「共存」「繁栄」などありえないこと・・・の裏づけになる資料が次々と・・・。」

 プロジェクターを使っての説明を聴き、フロアからの発言が・・・。

 「中央町に住んでいるが、市から何の説明もない。」
 「営業をしているが、これから先が不安。大型店舗との共存などありえない。市からは、何も伝わってこない。」
 「古い人も新しい人もみんなが住み続けることができる町作りを・・・。」
 「財政のことやこの開発のことも市からは伝わってこない・・・。」
 「このようなことを市として伝えるべき・・・。」
 「これからの人口増を考えるべき・・・。」
 「図書館など、これからの高齢化した町としての施策を・・・。」
 「若い人達がいなくならないための取り組みを・・・。」
 などなどたくさんの発言がありました。

 宝塚や三田の方からの発言も。

 「まちづくりというのは、住んでいる人が追い出されるまちづくりはおかしい。そんなまちづくりをしてきたから大変になっている。住み続けることができるまち・・・みんなが、どんな町にしたいか・・・何をほこりとしていくのか・・・声を聴いて進めていくべきもの・・・。今までの開発は、進むことしかしてこなかった。なんの反省もしていない。それが、問題だ。」

 など、様々な分野の方が発言をされましたが、共通なことは、「自分だけの得」ではなく、「みんなが住み続けたい、住み続けられる」ことを伝える言葉ばかりだったこと。

 たくさんのアンケートも書いていただいている。

 住民が主人公・・・そのあたりまえのまちづくりをつくっていきましょう。

 お隣の町にある施策がないのは・・・とても偏ったところに税金を投入し続けてきたから・・・。「中央北地区」は川西市の今後も決めていく課題。
 昨日の「ごみ焼却場の金額」もだが、本当に必要かどうか・・・?

 住民の力を集めよう・・・。
 声をつなごう・・・。
[PR]

by kurodamichi | 2009-02-18 22:04 | Comments(2)

組合議会が終わりました(-"-;)

f0061067_20403313.jpg

f0061067_20403395.jpg

 下記の内容は、今日の質問で明らかにした「恐喝未遂事件」の供述書の内容です。企業名も明らかになっていますが、このブログでは、イニシャルにしています。

 「会社 N・T」元取締役の供述書より

 検乙2号
 「Nから、A社とB社のJVにコネがある~利益を求め、そのためだけの会社であるN・Tを共同で設立」(H17年4月14日設立)

 検乙3号
 「私ら清掃業者にとっては、継続的な利益・利権を手に入れることができる、まさに、「金の卵」と言えるのが、このゴミ処理施設であるわけです。」

検乙4号
 「~A社は、捌きの段取りや契約などといった、言わば汚れ役をB社にふったものと解釈しておりました。」


 「会社 N・T」元社長の供述書より

 検甲19号
 「平成15年か16年ころにB社の○さんを紹介され、付き合いがはじまりました。」

 「すでに、その頃には、今回の事件に関係する猪名川上流の広域ゴミ処理施設の建設工事の話があったわけですが、ゴミ処理施設のメーカーについては、A社が決まっていたものの、建物の工事については業者が決まっていない状態でした。」

 「B社が工事に参加することができれば、請け負った工事代金の3%を、私がコミッション料としてもらえるということを言ってもらいました。」

 「その工事費用163億円で、A社70%、B社30%ということで、B社は57億円もの契約にこぎつけることができたのです。」

 「会社N・Tを立ち上げたいきさつ~」

 「捌き役」をB社から頼まれたのでした」

 「捌き料 1億円の出資割合は、工事と同じ7:3で、A社が7000万円、B社が3000万円~」

 「こういうお金を捻出してくるときに帳簿上2.5倍のお金として計上してそれを圧縮して私達のところにまわってきます。B社が支払う3000万円についても帳簿上は、7500万円、A社にしても1億7500万円捻出して、それをB社に渡してから、B社はその中の7000万円を私の方に回してくるという段取りになっていました。」

 「捌き料1億円としてもらうはずのお金のうち、4000万円はB社から受け取っていますが、残りの6000万円はまだ、受け取っていません。」

 「次に、A社からも私はお金をもらっています。このお金は、A社とB社のJVが無事落札できたことの謝礼として、1億円A社からもらうことになったのですが~
5500万円カットされ、実際には、4500万円をB社の○さん経由で受け取りました。」

 「A社の○さん・・・B社は10億円くらいの儲けがあるよ。・・・。」

 「6000万円と1億7955万円の請求書を送っていますが、6000万円は捌き役費用の1億円の内の未払い金、1億7955万円とかの請求書はB社が契約できた時の成功報酬3%という○さんと口約束してもらったお金の請求なのです。」

 検甲22号
 「私が、B社あるいはA社から受け取ったお金については、警察で述べたように合計1億3000万円になります。~
 平成16年3月、1500万円、これは、B社から私個人が
 平成17年2月、1500万円、これもB社から私個人が受け取りました。
 平成17年11月、4000万円、これは、A社からB社を通じての捌き料で、これは会社N・Tとして受け取っています。
 平成18年7月500万円、B社から借りたお金
 平成18年12月4500万円、これは、A社からB社を通じて私個人が受け取ったA社の工事受注についての成功報酬ということで、受け取りました。~500万円は借金帳消し~4000万円~
 平成19年2月、1000万円これはB社から私個人が借りたお金になります。
 この合計1億3000万円の内、実際に捌き料として使ったのは、平成17年11月の4000万円だけであり~」

 検甲23号
 「B社が、地元対策費を捻出するのに1億7500万円ものお金を工事代金として上乗せして請求して、それを圧縮して7000万円のお金を作っているという裏事情をテレビとかで流せば~」

(経過状況)
 H15年1月焼却方式検討委員会(直接溶融炉+ストーカー炉)
 H15年4月行政ストーカー炉決定
 H15年12月国へのヒヤリングのための申請書作成(申請書の費用対効果で、岡山県倉敷市のA社の未完成施設と比較検討)

 H17年3月2日「談合情報」午後4:55、午後5:05局長宛
 H17年3月3日 入札、決定

 H19年7月6日(恐喝未遂)事件
 H19年11月11日 逮捕

 私は、上記を伝えながら(上記の資料を議会でも配布)

 管理者に「供述書を読んだ感想」を聞き、これまでの対応、これからの対応を質しました。
 入札以前に、企業名がきまっており、お金の受け渡しが行なわれていることをとらえ、「業者間の談合や官製談合はなかったのか?」

 契約金額は、「適切な費用と考えているのか?」
 「捌き料やコミッション料などをどう考えるのか?」
 「契約金額に組み込まれているのか?」を含め、この「供述書」を読んで以降、施設組合としてどう取り組んでいるか?などなど質しましたが、「今、住民裁判の係争中なので、コメントは控える・・・。」
  
 管理者は、「供述書に書かれていることが、妥当かどうかわからない。」という答弁に始終しました。
 そして、「今は、何もしない。」と・・・。

 私は、管理者として、施設組合として、調査・追及する態度を明確にすることや、議会としても、調査するために「百条委員会」の設置を求めました。
 住民の税金の不正な使い方を是正させること、
 不透明なお金、腐ったお金を使わせないこと、
 「行政」や「議会」の役割りを果たすべきだからです。

 午前中に質問がおわったので、「毎日新聞の夕刊8面」に記事がのり、夕方の毎日放送「VOICE」でも、取り上げられました。
 土地選定、土地の値段の問題を含め、流され、私の議会での発言(音声のみ)も流がれました。

 議会にテレビが入ることを認めない議員さんが多かったため、議会前の場面だけが映像で流れました。

 BRACK BIRDさん・・・ありがとうございました。
 コメントは、議会が終わってから読みましたが、これからも粘り強く頑張ります。

 私は、保育所時代、こども達に伝えてきたことを大人自身が実践するべきだと言い続けてきました・・・そのことは、今も変わりません。
 これからも、こだわっていきたいと思います。

 勇気をありがとうございました。

 新聞やテレビを観て、連絡をいただきました。
 皆さん、ありがとう・・・まだまだいたらないけれど、頑張ります(^^:)v
[PR]

by kurodamichi | 2009-02-16 20:40 | Comments(2)

後期高齢者医療制度廃止を求める請願署名(^-^)v

f0061067_1902448.jpg

 毎月15日は、「医療制度」の署名・宣伝の日。
 「中学校卒業まで、こどもの医療費無料化を求める署名」をする日もありますし、最近は、「後期高齢者医療制度廃止を求める国会請願署名」を・・・。

 今日は、兵庫6区の国政委員長の北野のり子さんも駆けつけてくれ、6人での活動になりました。
 2月とは思えないくらい温かくて、良かったです。

 毎月9日は、「九条を守る」
 24日は、「消費税増税反対」の署名もしています。

 声をあげ続けることが、とても大切・・・綱引きの力をゆるめるわけには行きません。そして、もっと、引き手を増やしていかないと・・・v(^^)v
[PR]

by kurodamichi | 2009-02-15 19:00 | Comments(0)

猪名川上流広域ごみ処理施設組合議会です(^ヘ^)v

f0061067_8563619.jpg

 この間、ずっとお伝えしているように、川西市、猪名川町、豊能町、能勢町の1市3町の「広域ごみ処理場」の建設が、終わり「試運転」がはじまっています。
 私達は、この建設場所の選定や、広さ、値段の問題、施設そのものの契約の金額が高額すぎないか・・・など追及をし続けています。

 今、4月からの本格稼動にむけて・・・性能試験が行なわれています。
 住民の目の届きにくい地域での運転稼動だけに「真の住民の安心・安全」の確保、地元や周辺の方々の不安や心配を払拭することも求めています。
 情報の提供や説明責任が果たされなければなりません。

 「施設組合」は、それぞれの自治体から切り離されているため、別の「議会」が持たれます。
 明日、16日(月)朝10:00から、川西市役所の委員会室で、「議会」がはじまります。

 私は、以前お伝えをした「契約した会社を恐喝しようとして逮捕された事件」の判決がでていることから、この事件の背景に見え隠れしている「談合」や「裏金」があったのではないか。住民の税金がムダに使われたり、「不正」に使われていないか・・・自治体として「どう考え、どう対応するのか。」の1点で、質問をします。
 神戸地方裁判所で行なわれている裁判の証拠書類として昨年末に提出。その資料をもとに「事前通告」しています。

 平成17年3月3日に入札・・・JFEと前田建設のJVで契約・建設。
 前日に、2件の談合情報が入り、その通りの企業が落札しています。
 入札以前に金銭が渡っている陳述などが明かになっています。残念ながら、「暴力団対策」の取調べなので、私達が知りたい内容の追及はとても少ないのですが(本当に縦割り行政です)それでも、「口利き料」や「謝礼」「捌き料」などなどの億のお金が動いている事実が明らかです。

 全国でも、連日のように、「談合」や「裏金」の問題が報道をされていますが、この「不正」なお金が、政治を腐敗させたり、官製談合などの温床になったりしています。

 必要なお金を使うことは当たり前・・・しかし、住民が理解・納得できることが当たり前なのに、なかなかそこが不透明です。
 今回の事件のように、「暴力団」にお金が流れようとすることもあります。

 今、全国でも、「税金の使い方の問題」を指摘し、裁判が起こっています。住民裁判だけではありません。自治体が起こしている事例もあります。

 今、私達は、「当たり前の声」をあげ続けていくことの大切さをみんなで、広げていきたいと考えています。

 資料を何度も何度も点検をして、明日に備えています。
 もちろん、新しい年の「予算」や「補正予算」の審査もありますので、その準備もします。
 「資料請求」もしています・・・ので。

 「組合議会」は、1市3町の18人で議員構成。
 明日の一般質問は、3人。私は2人目です。

 BLACK BIRDさん・・・以前書き込んでいただいた内容を参考に頑張りたいと思っていますv(^ー^)v

 ともうみさん・・・書き込みありがとうございます。綺麗でしょう・・・バタバタの毎日の中で、ホッとします。「花」があるくらし・・・って、やっぱり素敵です。
 雨が降ったので、より輝いています(^0^)
 
[PR]

by kurodamichi | 2009-02-15 08:56 | Comments(1)

春が…(*^-^)

f0061067_2143282.jpg

 今年も届けていただいた春・・・(^^)
 丁寧に育てた苗・・・太く元気な茎・・・大きな花

 春色が次から次へとひらいていく・・・
 花がひらいていく・・・

 「心が休まるなら・・・。」と届けてくださる気持ちのありがたさ
 優しい陽射しの中でキラキラと光る花びら

 ポカポカのぬくもりはきっと・・・
 春の光
 彩り
 そして・・・心
 伝わる思い

 感謝(^0^)
 
[PR]

by kurodamichi | 2009-02-12 21:43 | Comments(1)

春が…(*^_^*)

f0061067_12393011.jpg

 昨年は、散りはじめるまで気がつかなかった庭の片隅の梅(^-^)

 バタバタ忙しいと心の余裕もなくなってしまう…あせらないあせらない…って自分に言いきかせる…(^-^)

 枝垂れ梅の蕾が紅くふくらんでいる。

 春は確実にやってくる(^-^)v


 BLACK BIRDさん 本当にそうですね。
 「真の公共性」「真の公務労働」とは・・・私達が考えていかなければなりませんね。

 病院、介護施設や保育所、しょうがいを持っている方の施設・・・働く人も含めて「人間らしく」を大切にしていきたいですね。
 「経営」や「儲け」で成り立とうはずがありません。
 教育もそうですね。

 人間が人間を支え、育てるのですから・・・。

 「優しくしなさい。」ではなく、優しくされた経験が大切なのです。
 はだの触れあい
 温かさ・・・
 全身全霊で感じることが・・・。

 優しさは甘さではありません。
 本当の強さは優しさだと思います。

 優しさを貫くために、手を声をつないでいきましょう。

 この国を元気にしていくために、「ひとり」を落ちこぼさない「政治」が重要ですよね。
  
 
 
[PR]

by kurodamichi | 2009-02-10 12:39 | Comments(0)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー