<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


ホッとひといき(0^-^0)

f0061067_0332586.jpg

 ホッとしたい時、おいしいケーキが食べたい時、ちょっと寄るお店・・・おいしい紅茶の良い香り(^^)
 「元気」の秘けつ・・・もちろん食べること!
 おいしいってもぐもぐ(^ー^)
 「食べること」は、生きること!
 しあわせ!!
[PR]

by kurodamichi | 2010-01-30 00:33 | Comments(0)

ハイチ大地震の救援募金のお願い(^ー^)

f0061067_2042046.jpg

 今日は、毎月24日の「消費税増税反対署名」の日。
 
 今日は特別、現地12日(日本13日)起こったハイチのマグ二チュード7.0の大地震の「救援募金」も行いました。

 小学生や学生さん・・・若い方達もたくさん協力してくださいました。
 「地震の?」とわざわざ来てくださる方、「ごくろうさま」と声をかけてくださる方・・・今日は2人での1時間の宣伝署名・募金活動でしたが、皆さんのご協力のおかげで、「3498円」集まりました。

 引き続き「救援募金活動」を行なってまとめて送ろうと計画しています。

 ありがとうございました。

 (写真を撮ってもらったのに残念(ーー;)でした・・・で、控え室でパチリ(^^;)))

 
[PR]

by kurodamichi | 2010-01-24 20:42 | Comments(2)

蝋梅(ロウバイ)の良い香りo(^-^)o

f0061067_10464153.jpg

 玄関を開けると、プゥ~ンと甘い良い香り(^ー^)
 蝋梅(ロウバイ)は字のごとく、ロウで作ったような黄色い梅の花・・・春の香り。

 梅や沈丁花、菜の花を見て「寒いけど春やなぁ(^^)」と感じていたけれど、蝋梅を知ってからは、まさに大寒のこの時期の蝋梅を見て、梅の木の小さな小さな蕾をみて春を感じるようになった。

 昨日頂いた切り枝に満開の花・・・サヤサヤと風をうけて甘い香りを運んでくれる・・・「種ができたらあげるね。」と。

 姿より香りで先に自己主張をし目で追うと黄色い姿が「春」を感じさせてくれる。
 冬枯れの中で、黄色い丸い花が「やさしさ」を灯している。
 寒さの中で温もりを感じさせてくれる。

 うふっ(^ー^)
 嬉しい玄関先。
 (感謝)
[PR]

by kurodamichi | 2010-01-23 10:46 | Comments(2)

野田市「公契約条例について」学習会

f0061067_22113482.jpg

 今夜は、尼崎で千葉県野田市の根本 崇市長を講師に招いて「公契約条例について」の学習会がありました。

 以前から、自治体の委託現場における「労働者の労働条件や処遇について」の問題を提議してきました。
 「契約書がない」「急に首になる」「最初聞いていた給料より低い」などなどの「労働相談」があるからです。残念ながら、労働者はその事を伝える環境に居ないことの方が多く、「働く現場を確保するため」に泣き寝入りしている状況が多いこと。仕事をやめてからしか「事実をつたることができない」現状があります。問題提議をしても解決までいくことの方が稀かもわからないくらい「厳しい労働環境」が明らかになっています。

 住民の税金を支払う「委託業務」に対して、適正にお金が使われているか?働く方の環境や賃金などの待遇に問題はないか?という点や「働くワーキングプア」を作っていないか?という問題が多くなっているからです。
 もちろん、良い仕事をすることになっているか・・・その仕事の責任の所在という点も点検しなければなりません。
 「指定管理者制度」なるものもできましたし。

 千葉県野田市の根本市長は、全国ではじめて「公契約条例」を市長提案で議決(全会一致)。
 尼崎市では、議員有志で「議員提案」されましたが、残念ながら議会で「否決」になっています。

 会場が一杯になって臨時席が設けられるくらいの参加をみても「今、最低賃金の問題や無権利な労働者の実態、中小零細企業の雇用側の課題」などなど関心が広がり、「どうにかしなければならない」と解決策の模索がはじまっていることは明らかです。
 
 労働者の実態を知る「自治体」が何をしていくのか・・・地方から国を変えていくことが求められている。

 「自治体」だけではなく「労働基準監督署」などの公けの機関も含めて、「公的責任」についても考え、どう具体化していくのか・・・試されていく。

 元々賃金は「安ければ良い」のではなく、人間らしく生活するための「対価」であること。労働者として継続的に育てていく必要性(経験などを含め財産であるという考え方)。労働者を支えるための家族や地域の取り戻し。

 さて、どう具体化していくか・・・。
 たくさんの知ったお顔(^ー^)
 
[PR]

by kurodamichi | 2010-01-21 22:11 | Comments(0)

♪ 冬のコンサート ♪

f0061067_1542137.jpg

 今日は、創立35周年記念の川西市吹奏楽団の「冬のコンサート」に出かけました。
 (前回のコンサートは、新型インフルエンザの影響で中止になって残念でした)

 今日17日は、あの「阪神淡路大震災」からちょうど15年目。
 コンサートのはじめに「黙祷」がおこなわれました。

 「生きている ただそのことが すばらしい」そう感じたはずなのに・・・
 そう思い続けられないのは、なぜだろう・・・

 「生きている そのすばらしさを 実感するために」私達は生き続ける
 忘れない
 共に生きている。

 「生きている そのことが すばらしい」と感じるために・・・
 変えていこう
 変わっていこう

 かけがえのない
 たった
 ひとつのいのち

 あなたでいい
 あなたがいい

 わたしでいい
 わたしがいい

 ひとりじゃない
 ハーモニー♪

 感動をありがとう♪
[PR]

by kurodamichi | 2010-01-18 01:54 | Comments(0)

今夜は、兵庫自治労連の旗開き(^_^)v

f0061067_0471094.jpg

 毎年、お声をかけてくださるので・・・参加(^ー^)
 なつかしいお顔、はじめてのお顔、いつものお顔・・・(^^)

 「日本共産党」チームです・・・誰もが「人間らしく」生きつづけることができるように。と連帯の挨拶。

 あなたのことは、私のこと。私のことはあなたのこと・・・共に支えあって1歩みんなで進みましょう。

 マイクを持っているのは、磯見けいこさん(^ー^)
 一番左は、西宮市の 杉山 たかのり 副議長
 私の横は、西宮市の まつお 正秀 市議

 

 
[PR]

by kurodamichi | 2010-01-16 00:47 | Comments(2)

堀内 てるふみ(照文)さん(^ー^)

f0061067_2114772.jpg

 午後から「新春の集い」(^ー^)
 「基地はいらない どこにも」米軍再編ドキュメンタリー(46分)を観て、堀内さんのお話し。

 あっ、テーブルのお花は私が入れました(^^)v
 
[PR]

by kurodamichi | 2010-01-10 21:01 | Comments(2)

消防出初式

f0061067_2056448.jpg

 今朝は、「川西市消防出初式」がありました。
 校庭で「観閲」が、文化会館で「表彰式」が行なわれました(^^)

 いつも、ご苦労さまです!
 
 
[PR]

by kurodamichi | 2010-01-10 20:56 | Comments(0)

今年もよろしくお願いします(^-^)

f0061067_224882.jpg

 相田 みつをさんの「自分の番 いのちのバトン」という詩をご存知ですか?

 「父と母で二人
 父と母の両親で四人
 そのまた両親で八人
 こうしてかぞえてゆくと
 十代前で 千二十四人
 二十代前ではー?
 なんと百万人を越すんです

 過去無量の
 いのちのバトンを受けついで
 いまここに
 自分の番を生きている
 それが
 あなたのいのちです
 それが わたしの
 いのちです

   みつを」

 相田みつをさんは、戦争でお兄さんを亡くされました。
 そのことが原点だそうです。

 息子の戦死を知って嘆き苦しんだ母は、「息子は即死であった・・・苦しまずに死んだ」という着地点をみつけ、その言葉を繰り返していたそうです。
 しかし、戦後そのことが真実ではなく「息子は2時間、苦しんで出血死であった」「死ぬ前に、「戦争は人間が起こす最大のおろかなことだ」と友人に伝え・・・息を引き取った」そうです。

 そのことが、相田さんの原点だそうです。

 いのち・・・どこの国に生まれても
 誰の元に生まれても
 どのようにして生まれても

 みんな同じだよ・・・
 いのちを受けついで、また、つないでいく。

 誰もが、いのちをつないでいくことができるように・・・。
 いのちを生むことだけじゃない・・・いのちを育むことができるように。

 誰のいのちも輝くように・・・そんな新しい年になりますように(^ー^) 
[PR]

by kurodamichi | 2010-01-08 22:48 | Comments(2)

沖縄・名護市は昨日から雨だそうです(^ー^)

f0061067_2336663.jpg

 沖縄県名護市では、もうすぐ市長選挙が行なわれます。
 「上着はもちろん要りませんが、あいにく昨日から雨・・・。」とメールが来ました。

 「米軍新基地建設」が大きな争点となって、本土では考えられないような共闘が繰り広げられているようです。
 「基地問題」と「日米安保条約の問題」が大きなうねりとなっている・・・そうです。

 テレビや一般新聞は、ほとんどそのことを報道しませんが、今、私達は、「知らない」ではなく、「自分のこととして考えていかなければならないこと」として、「知る」努力をしなければなりません。

 辺野古では、13年間「新基地」のための杭1本打たせてはいません。
 鎖を身体に巻いたおじいやおばあが「いのち」をかけて「新基地反対」で座り込んでいるからです。沖縄ではもちろん、本土からも連帯の輪が結集してきています。
 
 県民(国民)の願いと「アメリカ」の要求。

 昨年12月、嘉手納町、宮城町長は、
 「沖縄県民の負担軽減をうたった06年の「日米合意」はうそ偽りであった。
 嘉手納基地では、負担軽減どころか世界各地から米軍機が自由勝手に飛来している。」と告発されています。
 「来年(今年)は、安保改定50年。この節目の時に、我が国の安全について全国民が議論する必要がある。安保条約の是非について・・・。」と語られています。

 「安保条約」は、日本を守るためにあるのではないことは明らかにされています。アメリカ軍が、「戦争しやすいため」の基地なのだ・・・と。
 日本の国は、アメリカよりも手厚く財源を出し、「やりたい放題」を許しているのだ・・・と。

 「安保条約」は、軍事のことだけではない。日本の経済をも牛耳られ「言われるがまま」なのだ。
 日本の国の「金利ゼロ政策」も「郵政民営化」も「医療制度の改悪」「外資系保険会社の進出」もみんなそう・・・。
 もちろん、農業の問題・・・輸入自由化も。

 地球の環境問題としての「戦争」「核」を含め、私の問題として考えたい。

 今年は、「核廃絶」にむけた国際会議も開催される。

 アメリカと対等の関係をつくることが大切・・・真の国際化をめざすために。

 「県外移設論があるが、日本の国で代わりを探す・・・そんなことは考えられない。なぜなら、それほどひどい状況が沖縄にあるからだ。絶対に同じ思いを国民にさせてはならないのだ。」その思いや願いが、沖縄で思想信条を超えた共闘になっているのだ・・・と。

 神戸港「非核神戸方式」が、なぜできたのか・・・。
 こんな身近にあることも、もっと知っておかなければならない。

 なぜ、報道されないのかも・・・。
 「戦争」は、「理由」をつくって人間がはじめるもの。
 「戦争」は、人殺し。
 「戦争」は、何も良いものを残さない・・・。
 「軍事産業」で、誰が儲けるのか?誰が、被害を受けるのか。

 この国は、広島、長崎で・・・そして、ビキニで被曝をした国として行動しなければならない。
 この国の歴史を刻んでいかなければならない。

 私達のこどもや孫にしっかりとバトンを手渡せるように・・・。
[PR]

by kurodamichi | 2010-01-06 23:36 | Comments(0)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー