<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧


毎日・・・綺麗な花を咲かせてくれています(^ー^)

f0061067_2295198.jpg

 自転車で風をきると・・・とてもとても素敵(^ー^)
 「こんにちは~」と声をかけると笑顔がかえってくる
 そんな日常がかえってきた。

 決算委員会が終わり
 地域のコミュニティ広報紙の入稿も終了

 いつも要領の悪さに時間との闘い・・・で一段落。
 ゲラ原稿がかえってきて・・・ホッと(^ー^)

 「身体には気をつけないとあかんよ。」
 お声をかけていただいてありがたいこと。

 1日24時間・・・何度も言い聞かせてスケジュールを眺める(^^;)
 ほんと・・・懲りないね私。
[PR]

by kurodamichi | 2010-09-29 22:09 | Comments(0)

ずいぶん土砂の整備が進んでいます・・・国道477号線崩落現場

f0061067_22251420.jpg

f0061067_22251412.jpg

 昨日から夜中もザンザカ降った雨・・・(--;)

 国道477号線・・・崩落の現場の様子を見にでかけました。

 地盤の動きを見張るセンサーや警報器がつけられ

 現場の土砂はずいぶん整備が進んでいました。

 まだまだ時間がかかりそうですが…

 2度と同じ事が起こらないように十分な対策をとってもらいたいです。

 国道バスが県道を走り
 ケーブル乗り場はハイキングのお客さま
 心地よい風が秋の訪れを伝え
 彼岸花が陽の光をあびて輝いていました(^ー^)
[PR]

by kurodamichi | 2010-09-28 22:25 | Comments(0)

黒田事務所前で…大塚さんと(^_^)v

f0061067_22035100.jpg

 事務所に帰ったら・・・大塚さんとばったり(^0^)
 議会、決算委員会が終了
 いよいよです。

 さわやかな風
 秋色の雲

 あっという間ですね
 ほんと・・・(^^;)

 
[PR]

by kurodamichi | 2010-09-26 22:00 | Comments(0)

穀田けいじ衆議院議員を迎えての演説会o(^-^)o

f0061067_21592031.jpg

 23日(木)川西文化会館で「日本共産党演説会」

 穀田けいじ衆議院議員が、「TVタックル」の収録の話をされて・・・「日本共産党に政権をとってほしい」と応えた方が26%いた・・・さて、月曜日に放映されるかどうか?と。

 様々な政治の局面で、国民の立場に立ちきっていることへの信頼
 「後期高齢者医療制度」
 「障害者自立支援法」などなど

 新しい「尖閣列島」の話題もよくわかりました。
 日本の国を大切にしようとしている政党は?
 ぶれない・・・確かさ。

 元気のでる演説会でした。

 紹介したスパゲティ屋さん・・・とてもおいしかった(^ー^)そうです。
 よかった!!
[PR]

by kurodamichi | 2010-09-26 21:59 | Comments(0)

彼岸花が…o(^-^)o

f0061067_23443120.jpg

 田んぼをわたる風
 金色に育った稲のかおり
 一段と目にはいる彼岸花

 気温差の激しい時
 ぜひ、お身体に気をつけてお過ごしくださいね(^ー^)
[PR]

by kurodamichi | 2010-09-24 23:44 | Comments(0)

ありがとうo(^-^)o

f0061067_12552760.jpg

 ちょうど事務所にかえったら(^_^)

 素敵な笑顔が迎えてくれました(*^o^*)
 美しいお花をもって「がんばれ!」という激励

 「私たちの美しさには負けるけれど・・・」と・・・。

 「花は枯れるけれど、私たちはこれからね(^0^)」
 ほんとほんと・・・

 ありがとう
 人の笑顔はなぜこんなに人を元気にするのだろう・・・人が笑顔になれること・・・元気の源(^0^)
[PR]

by kurodamichi | 2010-09-22 12:55 | Comments(0)

新日本婦人の会フェスタ(^0^)

f0061067_2153475.jpg

f0061067_215346.jpg

 「新日本婦人の会」は、国連に認証されたNGOです。

 今日は、川西支部の合同体験会などもある、フェスタ(^ー^)

 「絵手紙」「写経」「歌声」「習字」「布ぞうり」などなどたくさんの体験会。
 私は、「フラダンス」に参加・・・教えてくださった方と共に。
 その後に、「ダンベル」体験会も。
 展示作品には、パッチワークやちぎり絵、手芸品・・・これまた盛り沢山でびっくり(^0^)

 豊かに生きる
 自分たちのくらしに意識をもって
 仲間と共に
 活動をすすめる
 (^ー^)

 笑顔たくさん
 笑顔素敵

 ありがとうございました・・・体験会。

 リフレッシュ(^0^)
[PR]

by kurodamichi | 2010-09-20 21:53 | Comments(0)

辺野古不合意…名護の14年とその未来

f0061067_18362761.jpg

 九条の会かわにし

 5周年記念

 沖縄の基地問題を考える

 辺野古不合意…ドキュメンタリー映画と輿石正監督の講演

 おじいやおばあは、何かイデオロギーがあるわけでもない。ここに基地はいらない・・・とその思いだけで座り込みをはじめる。
 「何もできない・・・だから座るしかない。」おばあの声・・・これが真実・・・この思いが今、世界を変えようとしている。

 「基地のためのお金のばらまき」がもたらしたもの・・・誰のためになったのか?人が生きていくという当たり前は、お金のばらまきで解決できない。それどころかその「当たり前」を壊すのだ。人間という当たり前を取り戻さなければならない。

 企業だけが肥え太り、人々は分断され、「借金」と巨額の維持費が街を壊す現実。人々のくらしの豊かさとは程遠い現実・・・そこに気づいた人々が今、立ち上がる。

 基地の問題は、遠い所の問題ではない。
 同じことが、私のすぐ身近でも起こっている。

 理屈でもなんでもない・・・「生かせろ・・・人間らしく」当たり前に。
 その声を集めよう
 その声が真実
[PR]

by kurodamichi | 2010-09-19 18:36 | Comments(0)

能勢電鉄株式会社と懇談o(^-^)o

f0061067_2227166.jpg

 今朝は、川西能勢口で朝のご挨拶・・・その後、県の宣伝カーに乗せてもらって一番北からご挨拶(^ー^)
 遠足みたい。

 午後は、平野駅近くの「能勢電鉄株式会社」本部で、懇談。
 要望書を提出しているので、回答をお聴きして懇談。

 もちろん、一番は、「一の鳥居駅」のエレベーター設置。
 この間、ずっとずっと要求中・・・本当にたくさんの方が住み続けられなくなっておられる。わざわざ、畦野駅まで行かれている・・・。福祉センターがある駅、高齢化が進んでいる地域。7mもの高低差・・・(ーー;)急いで「バリアフリー」をすすめるべき駅。
 国にも「補助金」要求を。
 急いで、第3次バリアフリー計画の実現を。
 すぐにでも、R173号と面一の所に改札口を設置してほしい・・・しつこくお願いしています。

 料金表の各路線がわかるように、色分けだけではなく、「宝塚線」などの文字表記や改札の所でわかるように「時計」の設置もお願いしました。

 笹部駅のトイレ設置・・・駅にトイレがないのは、ここだけ???
 設置してほしいと要求。

 嬉しかったのは、「乗り放題チケットへの取り組み」や「空き売店で、障がい者作業所の製品を売る取り組み」が前向きだったこと(^ー^)
 「市のおでかけ促進事業」の拡大もしてほしい。

 「自社への愛社精神を育むためにも・・・」と職員採用をされていること(^0^)

 企業や行政、住民が知恵と力を出し合って「元気な街」作りを求めていきましょう。

 誰もが、出かけること・・・地域でお金が回ること・・・「何かしたい」という要求がとても大切!私たちはつながっている(^ー^)

 ありがとうございました・・・懇談会。

 
[PR]

by kurodamichi | 2010-09-17 22:27 | Comments(0)

9月定例会にて…(^_^)

f0061067_9171270.jpg

 2010年9月定例会    一般質問(要旨) 
    
 私は、一貫して、市役所が憲法順守の立場を明確に、「市民の役にたつ所」となるように、職員が、市民の実態をリアルにつかみ、「住民福祉の向上」という自治体本来の責務を果たすことができるように・・・という視点で質問・提案をし続けてきました。

 今期最後の一般質問となりますが、「市役所の仕事」「公務員の仕事」という点を再確認しながら大きく3つのテーマで質問をします。

1、ごみの戸別収集を実施することについて

 私は、この間、川西市内の高齢化率が高いことや、働く方々のライフサイクルの変化、「国崎クリーンセンター」本格稼働による9種14分別収集への拡大などで、ごみステーションやごみ当番の負担がより拡大していることを考え、できるところから「ごみの戸別収集」を行うべきと提案してきました。

 川西市としては、ひとり暮らし高齢者や障がい者への「サポート収集」を開始したところですが、市民の困難な状況にはより拍車がかかっています。
 そこで、自治体固有の仕事である「ごみ収集」を「戸別」でおこなうべきという立場で質問します。

①サポート収集の申請数、戸別収集実施数について
②シルバー人材センター利用数について
③市内で、戸別収集している地域の有無、その理由について
④市内で、できるところから戸別収集を実施することについて
⑤サポート収集の拡大について
 
2、「虐待」「DV」通報時の緊急対応のあり方について

 連日のように報道される痛ましい「事件」。誰もが、「虐待」「DV」の被害を無くしたい、防ぎたいと思っていますが、通報があっても防げなかったケースが大きく取り上げられるなどの現実。自治体ごとの取り組みにも差があるようです。

 私は、決して、命を落とすことがないようにすべきという立場で質問します。
①通報数(高齢者、障がい者・児、こども、DV)について
②市民からの通報が入った時の対応(開庁時・閉庁時・休祝祭日・年末年始)の具体、他機関との連携について
③被害者の安否確認の方法(時間、実際)について
④加害者への対応(家庭への支援)について
⑤市としての課題について

3、福祉・医療の総合相談窓口の設置や、コーディネイトできる職員を配置することについて

 「医療」「介護保険制度」「障害者自立支援法」など様々な制度がありますが、それらを必要とする市民・家族に対して、「この窓口・あの窓口」というあり方ではなく、総合的にコーディネイトして対応できる窓口が必要ではないでしょうか。

 特に、高齢者・障がい者のひとり暮らし、その方々だけの家庭、必要な申請ができない住民の場合など自ら「相談」「申請」に市役所へ行くことができない状況があります。
 
 市として把握、訪問し、地域や他機関とコーディネイトする職員が必要ではないでしょうか。

①措置制度の解体によって、「申請」制度となり、国、自治体の責任、任務の乖離をどう埋めていくかについて
・地域からの「通報」などがあった場合の対応について

②必要な市民に必要な福祉の提供をどう保障するかについて
・障がいや要介護のため、施設で徘徊、あばれる場合、「入所」や「デイサービス」の利用などを暗に断られるケース、「不必要」な睡眠導入剤の服薬など行われているケースなどの報告、相談があった場合、自治体としてどう対応していくかについて

 上記のような内容で質問をしました。
[PR]

by kurodamichi | 2010-09-17 09:17 | Comments(5)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー