<   2011年 02月 ( 44 )   > この月の画像一覧


安心して住み続けることができる街づくりを・・・

f0061067_2233578.jpg

 3、具体的にどんなまちづくりをするのかについてです。

 ①川西市の特徴的な地形、構成を網羅して住民の満足度を高めるための施策

・高齢になっても、ひとりになっても住み続けることができる街づくり

・医療と買い物など日常生活を保障できる地域作りをすすめること

・市内公共交通網の具体の確立

についてです。

・地方自治法にのっとって自治体として責任放棄にならない地域分権のあり方について

・消防の広域化で、「消防・救急の規模縮小はさせない、住民のいのち・財産を守りきることができるのか?」について

・職員が真に「公務員」としてやりがいを持ち、「市役所が市民の役に立つ所」と実感できる組織作りが必要ではないか。

・南部地域の街づくりを進めていくことができるように「現国有地」の購入・活用、「騒音・安全」と同様、国(民間になっても)との連携を継続することについて

・新名神高速道路建設は、環境面での十分な配慮・対策をもってすすめることはもちろん、川西市の新たな玄関口としての活用、西畦野・東畦野、清和台など、インターチェンジ付近の街づくりの取り組みをすすめること
 川西病院の活用や他病院との連携など、高速道路ができることによる「利活用」「活性化」を積極的に進めること

 ②町を元気にする取り組みについて

☆住宅リフォーム助成制度の創設

・全国180の自治体で取り組みがひろがっていること(民間企業、労働者を育成し、熟練労働者にしていくことが大切、雇用創出という点でいかがか、
 地域活性化につながる(経済効果・波及効果)という認識はあるかについて

・国会で、社会資本整備総合交付金を活用できると首相答弁

☆「公契約条例」の制定、公契約の適正化について
「公共サービス基本法」にのっとって市としての取り組みの具体を速やかに進めることについて

 ③川西市としての街づくり、税金投入の在り方や施策の優先順位についての考え方について

 財政が厳しいなかでの「集中と選択」、「住民が、理解・納得できるか?」
住民から考えた時のバランスや費用対効果という点で
 
・図書室もないような小学校、電車やバスで通う中学校など住民負担が膨大・・・といったような街の矛盾について

・中央北地区開発や中心市街地開発のための税金投入について
(川西市全体としてのそれらへの税金の使い方、大型店舗など集客ゾーン出店においてのオーバーストアの考え方について)

・南部・北部ごみ処理場の解体、見通しについて

 総合計画等の計画作りを含め、まちづくりの基本として、以上のことを担保して進めていくべき
できることからできるものから住民に見えるよう、スピーディに進めていくことが必要だと考えますが、いかがでしょうか。

(川西市としての大切な施策としての市立川西病院の件は、後日追加議案が提出されること、議員協議会が開催されることとなっていますので、今回の総括質問では、言及していません。)
[PR]

by kurodamichi | 2011-02-28 22:33 | Comments(0)

子育て安心の街作りを・・・

f0061067_22235949.jpg

 2、子育て・教育一番の町めざして、環境を整えることについて

 川西市は、阪神間でも「合計特殊出生率の低い街」
 高齢化が急速に進む中、若い方の転入や、街に住み続けたいと思える魅力的な子育て支援は急務の課題だと考えますがいかがでしょうか。

 ①保育所へ入れないこどもへの対策について
2月1日現在、市内待機児童は、
☆新基準で104人
3歳未満児は、102人(98%)
☆旧基準では、199人
3歳未満児は、179人(90%)
未満児入所の受け入れについて

・旧栄保育所の活用・受け入れ

・定員枠よりこども数の少ない保育所の受け入れ枠を変更する
などの対策が急務だと考えるがいかがでしょうか?

 ②中学校の建設(交通費補助)や中学校の完全給食の実施についての取り組みを進めることについて

 ③学力テストのあり方について(現在、小学校6年生・中学校3年生の実施であり、その結果をその当事者に生かせない。

・実施を見直す考え方について

・その予算を日常の教育費用に使うべき

④若い人が定着する取り組みの具体について

・こどもの医療費無料化などの所得制限をなくすこと

・住宅への補助制度をつくることについて
[PR]

by kurodamichi | 2011-02-28 22:23 | Comments(0)

医療と生活の保障ができる街づくりを・・・

f0061067_2222406.jpg

 1、川西市として、国の制度のはざまで困窮されている方に対して、「絶対に市民を守りきる」という立場を堅持する手立て・施策を充実させていくことへの取り組みについてです。

 市役所・自治体は、憲法25条にのっとって住民にとっての最後の砦となるべき取り組みを行うことを明確にアピールするべきことについて
 
 ①生活困窮者(生活支援費より低い、もしくは、それに近い状況でくらしている方)への対応を積極的に行うことについて

・生活保護受給のあり方(生活保護制度利用は、施しではないという窓口での対応になっているか?1階通路での相談体制の改善が急務、受給後の支援のあり方など)について

(すぐに就労できない人、ひきこもりや精神疾患の人が増えている。
 地域、商店、企業、行政などが連携をして、社会との関わりをつくっていく取り組みが必要。
 人は人の役にたっていくことで自立への方向を見つけることができる。
 1人の人のまわりに、何重もの支援の輪をつくっていく取り組みが必要だと考えるが)

・住宅費補助のあり方(保護受給までいかなくても、家賃の一部支援制度)

・国保税・医療費のあり方について
 国保税の仕組みとしての問題解決(収入・所得がない場合)になるような減免・免除について
 国保法第44条一部負担金減免制度のPR・利用促進について
 保護制度は、最後のセーフティネットというとらえ方で施策を整備、すすめるべきではないかということについて

 ②介護保険制度や高齢者向け制度を利用したい方が利用できる制度にすることについて

・在宅介護の方・家庭への取り組み(利用したいのに施設側から「利用者さんから徘徊等が迷惑だ」と伝えられデイサービスなど断られるケースに対しての施設への指導をすることについて

・要介護4・5を特別障害者とすることについてのPRの徹底

・市が選定している指定管理者や民間に委ねている福祉施策についての管理・監督については、サービスを受ける側の立場にたっているかについて

・「緊急通報システム」の利用について(現制度の利用のしにくさ・不備の改善、昼間独居の方への対応拡大について)

・「LSA]配置の取り組みについて(国の経済対策・地域支え合い~)

 ③年齢や障がいなどに関係なく「ひきこもっている」方への取り組みについて(現状の把握、縦割りや制度のはざまの問題を解決するための横断的な取り組みの必要性)
[PR]

by kurodamichi | 2011-02-28 22:22 | Comments(0)

総括質問がおわりました(^_^)

f0061067_2148751.jpg

 朝から057.gif
 温かい日
 
 今日から、総括質問がはじまりました。
 市長の施政方針に対しての質問です。
 私は、3番目・・・午後からでした。

 以下・・・質問の内容です。

 「住宅都市として栄えた川西の街、今なお、緩やかになったとはいえ、北部では開発がすすみ、16万人規模の人口は微増という状態が続いています。

 川西市の高齢化の波は、阪神間でも早いスピードで訪れ、65歳以上・高齢化率は25.14%、75歳以上・後期高齢化率は10.67%となっており、4人にひとりが高齢者、10人にひとりは75歳以上という街になっています。

 一方、合計特殊出生率は、阪神間で一番低いだけではなく、前年度より0.05ポイント低い1.16となっていることから、成熟した街としての課題、取り組みが求められています。

 施政方針には、国内外の情勢に対する所感が述べられているものの、一番大切で、根本である「川西市の情勢」についてはほとんど記述されていません。

 「都市計画マスタープラン」等の計画、第5次総合計画の策定に取り組んでいくことは明記されているものの、立派な「計画書」だけが出来あがっても何もなりません。

 川西市民の思いや願いが託されたものとなり、その中身の具体が網羅されるべきです。大塩市長は、「今の川西市には元気がない。」と常々言われるものの、なぜ、元気がないのか?という具体を論じられません。
 「元気をだせ。だせ。」と言われて元気がでてくるのではありません。もし、でてきたとしてもそれは「カラ元気」で長続きするものではないでしょう。

 川西市としての「元気がない」その具体を明らかにすることが解決への糸口となり、閉塞感を打ち破ることにつながるのではないでしょうか。

 市長は、「知はこれ行のはじめ、行はこれ知の成るなり」という「知行合一」の言葉を使われていますが、市民の実態をどこまで知っておられるでしょうか?

 私は、「市民をお客様とする考え方では、知ることにはならない」と考えます。
 市民は、何か必要があった時には、市役所へ行くこととなります。その時々の窓口での対応が個別具体に丁寧に行われることはとても大切なことです。

 しかし、普段当たり前の生活をする者にとって市役所は、あまり日常ではありません。
特に、「困った時に相談にいく」という場合、随分困り果てた状態でいくことが増えています。

 「新自由主義による自己責任論」「応能負担ではなく、過度の応益負担」が全てに慢延し、「もう少しがんばって」「もう少し我慢をして」という無理がどんどんたまって「心を病む」とか「問題が複雑になる」という方が増えています。 

 市役所に電話をしたり、出向いたけれど、「市役所が、市民の役に立つところ」ではなかったということもあります。

 国の制度、特に社会保障制度の改悪に継ぐ改悪によって、「制度」の活用ができない市民が数多く出てきたためです。「棄民政治」ということばまで生まれました。

 「もしも」の時に、市役所にいけば、助けてくれる。最後の砦となってくれる。相談にのってくれる。このことが明らかになれば、「元気」の源となる「安心」が生まれ、閉塞感は少なくなっていくでしょう。

 川西16万市民の実態を知り、市民が元気になるためのキーワードとしての「安心」を担保する具体的施策をつくっていくことが大切です。
 この国の憲法25条「国の基本的人権の確保と増進」にのっとって、地方自治体は、第一の責務として「住民の健康を増進させること」を説いています。
 街の元気は、その事抜きでは語れません。

 私の所だけで、この1月から寄せられた「生活相談」は30件を超える数になっています。その具体をお伝えしながら、市長も案じておられる「無縁社会」を「有縁社会」にしていくことができるよう、住民が主人公の町、活性化につながっていく取り組みを構築していく立場で大きく3つの項目で質問をします。
  
 経済・雇用、社会保障制度の実態、及び、介護保険制度の改定やこども子育て新システムへの変更にみられるような国の更なる社会保障制度の縮小・改定の方向などについて、市としてどのように考えておられるのか また、兵庫県や国に対して、川西市民の立場、最大の利益を享受できるよう意見を述べていくことの必要性も併せての答弁を求めます。」
[PR]

by kurodamichi | 2011-02-28 21:48 | Comments(0)

障がい者(児)スポーツ大会・・・きんたくんと   \(^ー^)/

 いつの間にか・・・三日月
 空がとても明るい
 温かくなるかなぁ
f0061067_19252272.jpg
 
 今日は、「第36回 障がい者(児)スポーツ大会038.gif
 はじめての「体育館」

 きんたくんと一緒にダンス
 借り人競争
 久しぶりに走りました070.gif
f0061067_19252256.jpg
 
 今年はじめての
 「きんたくん福笑い」003.gif

 リズム体操
 「にんげんっていいな」060.gif
 色とりどりのポンポンを持って
 
 途中までだけれど
 楽しく参加させていただいて
 ありがとうございました041.gif 

 明日は、
 一の鳥居駅からのスタート
 議会運営委員会
 総括質問・・・と続きます029.gif

 お天気・・・いかがかなぁ057.gif058.gif
[PR]

by kurodamichi | 2011-02-27 19:25 | Comments(0)

シルバーさん、最低賃金(734円)払ってね   (ーー;)

f0061067_21295326.jpg

 058.gifとっても良いお天気
 玄関先の水仙が少し大きくなって
 ツボミが顔を見せはじめた056.gif

 あちらこちらにたんぽぽの黄色もニコニコ
 春の明るさが目にまぶしい004.gif

 来週28日の月曜日
 市長の施政方針に対しての総括質問がはじまります。

 最大会派から順番なので
 私は、3番目
 午後からになるでしょう

 川西市として、市民の方の「安心」を担保できる取り組みを求めます。
 この間の生活相談は深刻・複雑です。
 国の制度がうんと悪くなって
 「制度」のはざまの方達への支援が急務です。

 がんばっていても経済的に苦しくて
 病院に行けない
 生活そのものが成り立たない

 生活保護による「生活支援」
 国民健康保険の第44条による「医療費の軽減、免除」
 もっとPRが必要です。
 使える制度にしていかなければなりません。

 今年に入ってから
 たくさんの生活相談をお受けしています。
 その内容で、市としてやるべきことを提案します。

 昨年からは、労働相談も増えました。

 まさか・・・です015.gif
 シルバー人材センターからの紹介で
 仕事をされている方が、
 なんと
 1時間725円しかもらっていないことがわかりました。

 最低賃金は、兵庫県の場合
 昨年10月17日に
 721円から734円に
 13円、値上げになりました。
 法律改訂ですから、
 守らなければなりません。

 センターに電話で確認したところ
 「まだ、反映していません。」との返事
 
 またまたびっくりです008.gif

 公益法人社団で、これでは・・・。
 
 しゃきっとしてね034.gif
 市役所も・・・。
 多額の税金を入れているのですから

 そこで働く方々を守ってね009.gif

 誰もが、権利を保障されなければなりません。
 絶対に027.gif

 「安心」がキーワードです。

 さて・・・資料の整理をして
 月曜日に備えます059.gif

 
 

 
[PR]

by kurodamichi | 2011-02-26 21:29 | Comments(4)

春色 綺麗 (^ー^)

f0061067_21123236.jpg

058.gif朝のご挨拶週間・・・一段落
 春るるる003.gif
 温かい

 「お友達にもあげるから・・・。」と
 たんぽぽだよりを2枚取っていかれる方も037.gif

 また、来週・・・一の鳥居駅でお目にかかります。

 今日は、「市民生活部」の予算学習会
 来週は、総括・一般質問の1週間なので・・・
 学習会も小休止

 学習会終了後、急いで地域へ・・・

 夕方は「男女協働参画」の審議会傍聴
 誰もが
 人間らしく生き続けることができるように

 072.gif
 総括質問の原稿仕上げなくっちゃ

 温かくなって
 梅のつぼみがポン029.gif
 春色
 綺麗023.gif
[PR]

by kurodamichi | 2011-02-25 21:12 | Comments(0)

とっても温かい日 (^0^)

f0061067_22334862.jpg
 今朝は、とても温か
 三寒四温というけれど・・・ 一雨ごとに季節が移る045.gif

 ニュージーランドでの大地震
 1刻も早く安否確認ができますように
 誰もが助かりますように

 自然の前で
 私達の無力を見せつけられるけれど
 私達は、
 人と人が支え 励ましあうことができる
 温かさの中で新たなはじまりを迎えることができる 


 畦野の駅前でご挨拶
 「たんぽぽだより101号」このブログの検索、
 QRコード貼り付けています038.gif

 今日は、議会運営委員会
 「追加提出議案」2件
 
 なぜ今頃?
 
 国の補正・・・と一言015.gif

 来月14日にまた、
 議会運営委員会
 「追加提出議案」条例改訂

 どうして一緒にできないのだろう?

 突然決まった・・・と一言・・・だろうか046.gif


 「予算学習会」は、総務部
 明日は、市民生活部
 お世話になります。

 夕方は、急いで
 「国民健康保険税の値上げをしないでください。」の署名

 「まだ、上げるんですか?
 これ以上どうしろというんでしょう。」

 「本当に下げてほしいですよ・・・。」

 「病院、行けませんよ。」
 名前を書きながら切実な声

 私だけでも1時間で16筆

 「え~値上げなんて知らなかった002.gif
 
 アメリカのように
 経済格差で
 民間保険に加入
 保険会社のランクで受ける医療の差別化
 もちろん、受けられないことも

 「社会保障制度」ではなく
 掛け捨ての「保険制度」をめざしますか?

 いのちに格差があってはならない

 真の社会保障制度の確立を034.gif

  
  
[PR]

by kurodamichi | 2011-02-24 22:33 | Comments(0)

川西市の保育所 待機児童 199人( ̄○ ̄;)

 20日の日曜日、神戸での集会記事029.gif
f0061067_2282093.jpg22日付け近畿版に掲載されました。

 「待機児童解消のため」という歌い文句で
 改悪がされようとしている「保育制度」
 幼稚園と保育所をひとつの「こども園」にして
 国や自治体の責任をなくそうという方向が・・・022.gif

 今は、「国や自治体の責任が明確なので、
 保育所の待機児童の実態は、川西市が数え、「保育所の整備計画など」をたて、保育所待機児童解消を目指さなければなりません。
 保護者の希望によって
 入所の調整は自治体がすることとなっています001.gif

 それが、民主党の指し示す「こども子育て新システム」では、この自治体の責任を放棄。
 保護者の就労によって、こどもの「保育度」を認定。
 介護保険と同じように
 保護者が自分で保育所を選ぶこととなります015.gif

 認定「保育度」は保護者の就労時間で決められることになりますから、
 保育所の中で、1日友達と過ごすことや
 仲間意識の育ちなどが分断されます013.gif
 
 もちろん、「認定」保育以外は、全額自腹です008.gif

 直接入所方式の導入によって、
 保護者と園の契約になります。

 子育てを応援し、保護者もこどもも育っていくことが大切045.gif
 もちろん職員も地域も育っていきます038.gif

 なんと、川西市の保育所
 2月1日時点で
 働きたい・・・という人も含めて199人のこども達が入れていません007.gif
 0歳児~111人
 1歳児~ 57人
 2歳児~ 11人
 3歳児~ 15人
 4歳児~  4人
 5歳児~  1人

 1年待っても入れない状況になっています。

 待機児童の数を減らすために、
 自民党・公明党政権時代、「新基準」が作られ、
 その基準だと
 待機児童は、104人に減ります028.gif

 でも、0歳児は、75人
 1歳児は、24人
 2歳児は、3人
 3歳児は、1人
 となります。

 来年度から、
 新しい保育所が2か所開設され、
 1か所の園の定員が拡大されるものの、
 3歳未満児のこども達は、入所できないこども達が生まれます。

 私は、一番便利な、「栄保育所」を未満児保育所にすべきだと求めています。
 育児ノイローゼのおかあちゃん
 遠いところまで、通わなければならない家庭
 保育所に入れないという問題は、様々な問題を起こします。

 もう、ずっと以前ですが、
 入所待ちのこどもが保護者の職場で亡くなる・・・
 という事故がおこりました。
 川西市では、その時に、「毎月1日入所」だけではなく、必要ならば「15日入所」もつくったという経過があります。

 保護者の願いが制度を変えていきます。

 我が子を守り育むことは、
 貴方の子どもも同じ034.gif
 
 保育パレードにたくさんの人が集まったのは、連帯051.gif

 今朝は、山下駅前でした058.gif
 ありがとうございました060.gif

 「予算学習会」は、企画財政部とまちづくり部
 お世話になりました027.gif
[PR]

by kurodamichi | 2011-02-23 22:08 | Comments(2)

あったかい一日でしたね (^ー^)

f0061067_2204463.jpg

 明るくなるのが早くなりました。
 寒さも・・・うんとマシ
 今朝は、日生中央駅でご挨拶001.gif
 
 今日から、3月議会
 市長の施政方針演説
 議案提出。

 私は、総括質問をすることになりました。

 明日からは、「新年度予算の学習会」
 
 しばらくは、時間との競争です027.gif

 自転車で走ると・・・髪の毛を冷たい風が心地よくなぜていきます。
 春が058.gif
 

 
[PR]

by kurodamichi | 2011-02-22 22:00 | Comments(0)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー