2018年 04月 30日 ( 1 )


印象操作?!決まっていないことを決まったことのように伝える『市立川西病院』広報 ( ̄○ ̄;)

f0061067_20443763.jpg
150.png ポストに配布された「川西市広報」
そして
「将来にわたり、市民が安心して暮らせる
医療体制の整備に向けて」
「(仮称)川西市立総合医療センターの整備と指定管理者制度の導入」冊子

144.png 昨年5月1日
突然の新聞発表149.png

その後開催された
「議員協議会」168.png

その後知らされた
「職員・全員分限解雇(公務員から協和会職員へ)」

トップダウンで決められて
議会も職員も
一番の当事者である市民も後回し153.png

で・・・市民説明会は9月23日に午前・午後とおこなわれただけ💦

「出前講座」をやった・・・とかいうけれど
これはあくまでも住民サイドからお願いしてやってもらうもの
(部屋代まで自分もち💦)
それどころか
住民の声をきかず(断って)
「出前講座」すら開催していない自治会なども・・・💦

北部医療については2月3日
これまた突然
極寒の体育館で説明会

もともと住民の意見を聴く気がないので
どれも2時間で打ち切り💦

で・・・今回の広報配布
(こんな進め方で突き進む自治体はない!
それでも議会は賛成してくれる・・・と
ふんでいるからでしょうか💦)

149.png で・・・一番驚いたのは
まるで何もかもすべて決まったかのような文章であること
市民が何を言おうと変える気はない・・・ということだろうが
あまりにも酷い144.png

この3月議会で決まったことは・・・
現市立川西病院を来年度から「協和会・協立病院」に管理・運営をまかせる
指定管理者・委託をしたこと
以下・・・たんぽぽだより187号に掲載中
(赤字をポチッとしてね)

新しい病院については方向性として
公募・応募要件の「特約条項3項目」に記されているものの
議会の議決がなければ確定ではない!

あたかも決まったかのように
6ページ ポイント4
「~(仮称)川西市立総合医療センターの開院後も引き続き医療法人協和会が総合医療センターの運営を行います。
行います。ではない💦
(議会の議決が必要)
まして・・・その医療センターの内容はまだ市民に知らされていない
この夏「基本構想・基本計画」が示され
市民の意見をきくパブリックコメントが行われるのだから💦

今までの説明の中で
総合医療センター構想案では・・・

市内の
急病ベッド(救急指定)が
200床以上減ることも💦

とても人気の
緩和ケア病棟がなくなることも💦

人間ドックなど健康診断受診できなくなることも💦

まったくリスクは知らされていない149.png

176億円100%借金は
それですむどころか
利子だけでも51億円💦

浸水対策など経費が嵩むこと💦

現病院の敷地より5000㎡も減るので
(現病院は約15000㎡ ⇒ キセラ医療ゾーン約10000㎡)
駐車場確保ができない💦
(元々協和会が協立病院の建替え用地(296ベッド)としていた時点でも
駐車場は100台分しか予定できなかった)
今度は400ベッドも計画・・・

今でも年間7800万円分土地借り上げ
もっと借りてあげるの?!
それとも土地を買ってあげるの?!
市民のため・・・といいながら
誰のための病院計画?!

どこにそんな財力があるの?!

まったくリスクを伝えない川西市

現病院は解体後
その敷地を無償貸与・・・とか💦

北部に医療の空白地をつくって
100%借金で突き進むありかた
「これしかない」「やむをえない」と突き進む149.png

市民に情報を伝えず
説明をしない
あまりにも「無責任」💦

もっと知らせていかなければ
一体「何が決まったのか」
突き進めば「どんなリスク」がまっているのか
残念ながらリスクを背負うのは市民
決めた方々は居なくなる・・・

168.png みんな知らされていないよ・・・
168.png もう決まったとあきらめさせられている
168.png 時間だけ過ぎさせて「既成事実」だけが積み上げられている
連日聴こえてくる声

まだまだ足りない情報
がんばれ私
気づいた人々と連帯して165.png
f0061067_20443728.jpg
f0061067_20443796.jpg




[PR]

by kurodamichi | 2018-04-30 20:44 | Comments(0)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー