人気ブログランキング |

(^-^)/たんぽぽだより61号です(^-^)v

f0061067_22421459.jpg

 今日は、午前中、地域宣伝に出かけました。
 9月議会の報告や決算委員会の報告をさせていただきました。もちろん国の政治のことも…
税金の集め方や使い方、その中身のチェックが大切です。
 私達には知らされていないことがたくさんあります。
 知られて困ることもあるのでしょうが、本当に困るのは私達庶民です。
 負担ばかりが増やされ、利用すべき制度も利用できない…そうならないように気をつけていかなければなりません。
 
 ごまかさない!ダマされないように(^ヘ^)v
      明日から朝宣伝です!

# by kurodamichi | 2007-10-22 22:42 | Comments(0)

川西合唱連盟35周年記念ワークショップ♪水のいのち♪を歌う会

f0061067_22383913.jpg

 初めて、合唱組曲として出会ったのが♪この「水のいのち」でした。
中学2年生の時ですから、ちょうど35年前になります(^^)合唱から離れてもうすぐ30年・・・本当、月日のたつ早さに驚かされます。
 いつか、また歌いたい・・・ず~と思っていましたから、川西合唱連盟が35周年の記念にワークショップで「水のいのち」を歌われることを知った時はとても嬉しかったです。
  
 歌えるかどうかは、歌ってから・・・「ぜひ、気軽に来てくださいね。」と言っていただいた言葉を素直に受け取って参加させていただきました。

 須賀先生の指導は、守口の指揮者と同じ・・・詩の意味を 想像を ことばと音 厳しく、おもしろく・・・十分に音がとれているわけではないけれど、声がでているわけではないけれど、詩の意味や表現ができているわけではないけれど、とてもとても素敵な素敵なひと時☆でした。
 おとなりの方や周りの方々がアドバイスを下さったり、声をかけてくださったり。
 合唱を全身全霊で感じた時間、行って本当によかったです。
 11月18日(日)は、みつなかホールで、ワークショップの本番です。

 ありがとうございました。

 昨日は、すばらしいコンサートに参加させていただいたし、とても豊かな2日間でした。

 今朝は、地域の方々と一緒に一庫公園での自然観察会にも楽しく参加させて頂いたので・・・

 うふ(^^)仕事がはかどります。
 お会いできた皆さんに感謝です!


 

# by kurodamichi | 2007-10-21 22:38 | Comments(0)

♪ ウ゛ェルディのレクイエムを聴きに・・・ ♪

f0061067_213184.jpg

 川西市民合唱団 第10回定期演奏会が兵庫県立芸術文化センターの大ホールでありました。♪( ^o^)\(^-^ )♪
 はじめて芸術文化センターに行きましたが、すばらしいホールに驚きました。
あれほどの音響設備、2000席の座席・・・本当びっくりしました。
 
 豊かな弦の響きに、ソリストの声。
 合唱との調和。

 忙しいという字は、よく「心を無くすと書く」と言いますが、そうならないよう努力していてもそうなっているのがよくわかりました。
 感情、五感(第6感もかなぁ)がふるえる・・・ひとときでした。

 本物に触れる・・・て、やっぱり素敵です。
 
 秋にぴったりの催し
 心が軽やかになりました(^^)

# by kurodamichi | 2007-10-20 21:31 | Comments(0)

ホッと一息   ( ^-^)_旦""

f0061067_2233366.jpg

 この春、高知から帰ってきた娘が、「久しぶりに栗が食べたい。」と言うので、栗の渋皮煮を作ることに・・・。
 毎年この時期になると、夜な夜な栗の皮をむいている姿をみて「やまんば」(^^)と言われていましたが、この間、忙しさにかまけていましたので、「一緒に皮むきをする」という約束で、煮ることに・・・。
 どうせ煮るのだから・・・と3kgの栗(約100個)を購入。

 「炭酸買って来てね。」の母の言葉に、
 娘は、炭酸水のビンを買って来て、煮るのは、1日遅れました。
 重曹(じゅうそう)と言えばよかったかしら・・・そうしたら、お店の人に聞いたかしら?
 毎年、夜中に煮ていたから、記憶に残ってなかったか・・・と反省。

 よく、びっくり水を買いに行く・・・という話しを聞きますが、我が家も中々です(^^)食べることしか経験が無いのですから仕方ありませんね。ケーキくらい短時間でできるものは、大体作れる娘ですが、時間のかかるパンなども私が夜中に作っていたことが多かったからでしょう・・・。
 食べるのは、ペろり・・・ですからね。
 今年、煮方を覚えたら大丈夫でしょうが・・・。

 鬼皮をむくのも、最初はこわごわでしたが、さすがに慣れるのは早く助かりました。
おしゃべりをしながら、何度も炭酸を入れてあくを抜き、すじをとったり、二人で味見をしながら仕上げ。
 お砂糖の量に「太るなぁ・・・」と一言。
 さすがに、6時間余かかりましたが、無事一段落。

 翌日、少し煮つめて完成。

 季節を食べる・・・のは、とても贅沢なこと
 まして、作ることに費やす時間も贅沢なこと
 当たり前のことだったんですけどね。

 改めて、大切にしたいと感じます・・・
 いかなごの釘煮
 たけのこの時期の中華ちまき
 冬瓜スープ・・・我が家の味、食文化。
 
 やっぱり、娘は
 「今度はパンが食べたい・・・」と言いました。
 
 ははは・・・パンか・・・根性がいるなぁ(^^)

 食欲の秋だから、まぁいいか・・・

 ホッと一息・・・でした。

# by kurodamichi | 2007-10-18 22:33 | Comments(1)

とても綺麗な鱗雲…秋の深まりを感じますね(^~^)

f0061067_21541175.jpg

 ハナミズキの実がたくさん・・・
あちらこちらに秋の深まりを感じる季節です(^^)
 
 夕暮れが早くなりました・・・「涼しい」じゃなく「寒い・・・」と。

 今日は、15日
 「こども署名」の日です。

 中学校卒業まで、医療費の無料化と30人学級の実現をめざす請願署名です。

 安心の子育て
 どの子も大切にされているという実感がもてるように
 経済格差を子育てに持ち込まないよう・・・

 「人間が大切にされる社会がいいねぇ」と
 「こどもも老人も大切にせんと・・・」と
 そう言いながら署名をしてくださいます。

 こどもは生まれてくる場所を選べません。
 健やかにこどもを育てる大人の責任を・・・
 どの子も幸せになれるよう。
 やがてその子が大人になるのです。
 大切にして その命 その人生

 明るかった空が、署名の終わりには、まっ暗。

 自転車で風をきるとブルッと身体がふるえます。
 駆け足で、晩秋がやってきました。

 栗の渋皮煮をコトコトお鍋で煮ながら書き込んでいます。
 秋の夜長・・・です。

 

 

# by kurodamichi | 2007-10-15 21:54 | Comments(0)

部屋代10万円 市がアステホール,72日分借り上げ \(◎o◎)/!

f0061067_19224845.jpg

 川西市の第3セクター「川西都市開発株式会社」の社長だった前の市長さんに3300万円の退職慰労金が支払われていたことは先日お知らせしましたが・・・
 その会社のアステホールを1日、10万円で72日間分、毎年借り上げていたことが明らかに・・・
 部屋いっぱいの人数で借りているどころか、30人以下でも借りていたことも資料提出された中身で明らかに。

 年間3000万円の削減になるから…と栄保育所の廃園を決めているのに。
 信じられません。

 720万円に消費税・・・どんな会議でも1日借り。はじまってから、ずっと・・・だそうです。
 そして、退職慰労金の支払い。まったく納得できない!

 保育所の玉突き引越で、教育情報センターが引越をした、「株式会社パルティかわにし」の賃料は年間3000万円。
 社長だった前の助役さんは456万円の退職慰労金。あまりにもひどすぎ。誰のために税金を使う?何が必要?何が行革?
 今年度から、一括して借りないで、各担当で借りるようにした・・・。結局、表面的に見えなくなるだけ・・・。
 そういう問題じゃないでしょう。

 「パルティかわにし」は川西市が27%出資。
 「川西開発」は40%の出資。
 配当金はゼロ。
 「パルティかわにし」には、毎年約8億円を単年度貸し・・・。ごくごくわずかの利子で・・・

 財政が厳しいといっておきながら、わざわざお部屋を使ってあげる優しさは何?
 他より高く契約してあげる大判振る舞いは何?
 低利子で貸してあげる肝っ玉の大きさは何?
 配当なし・・・すべて会社の利益
 50%の出資じゃないので、お金の使われ方は、市でチェックもできない不透明さ。

 誰のため?
 そのような税金のむだは是正もせず、福祉金などばっさり。
 
 行革て、弱者に厳しいのね。
 
 皮革業者の補償費は、35億円も値上げしてあげたなぁ・・・。わざわざ、市の独自基準までつくって・・・。
 中央北地区、それらの借金の利子だけで、約92億円(変動金利ですので、もっと膨れる???)

 黙っていたら、市民には、どんどん受益者負担と借金が増えていきます。

 公的な責任が減らされていく。

 声をあげませんか。ご一緒に・・・。
 

# by kurodamichi | 2007-10-12 19:22 | Comments(1)

めまぐるしい毎日{{{{(+_+)}}}}が…

f0061067_21482668.jpg

 9月定例議会の後、決算委員会…今日、施設組合の議員総会が終わりました…ヾ(^_^;
すごい勢いで、様々なことが過ぎていきます。
 しばらく、書き込みができずごめんなさい。
 知らせていきたいことがたくさんあるのに・・・
少しずつ、お伝えしていきますね。

 へこむ暇がなくなってしまいました(^^)

 今夜は、川西市の行財政改革の審議会の傍聴に・・・答申が市長に手渡されました。財政が厳しい中、どう行革を進めていくのか?この答申を受けて市としての具体化がはじまります。
 
 6回の審議会の傍聴をしましたが、その中で、
「川西市は、福祉金や福祉医療費助成制度などなくしてしまった、もう切るものないでしょう。」
「職員の賃金等をへらすのも、志気に関わるでしょうからもう限界でしょう。」
「福祉や教育のお金は減らさないで欲しい。」
「何か、市がやっていたものを変える時には、市民への説明をしっかりしてほしい。」
「市民に情報を伝え、納得できるように・・・」
 などの意見も出されていました。
 その意見は、どう生かされるのでしょう?

 本当にひとりひとりが大切にされる川西市になってほしいと切に思います。
 市役所は、市民の役にたつ所・・・とかくのですから・・・。

 私達の大切な税金が、どう具体的に使われていくのか。本当のムダをチェックし、やめているのか。情報提供されていること以外にも目を向けていかなければなりません。
 市民にとって大切なものを切られながら、ケタ違いの税金が使われていないか?
 関心をもっていかなければ・・・。

 時代の流れ・・・
 受益者負担
 税の公平果
 小さな政府
 持続可能・・・など同じ言葉を使い、行革を進めてきました。まだまだ、その手を緩めません。

 23日の議員協議会では、粗大ごみの有料化が提案されます。
 
 30日は、神戸地方裁判所で、住民裁判の判決がでます。
10億円で購入した土地は2億円ほどの価値しかなかった・・・。なぜ、このような価値の違いがでてくるのでしょう?
 1時15分からです。ぜひ、傍聴におでかけください。

 黙っていたら、今、行なわれようとしていることを賛成することに。
認めることに・・・。

 本当のムダ使いをやめさせましょう。
 住民の力で!
 
 変えることができます。
 市民が主人公ですから。

 私は微力だけれど、無力ではない・・・
 だから、手をつなぎましょう。

 

 

# by kurodamichi | 2007-10-11 21:48 | Comments(0)

♪ 税所美智子さんと… ♪

f0061067_17283391.jpg

f0061067_17283367.jpg

 なぁんと30年…は大袈裟だけど、守口市の合唱団時代の友達から、ブログの書込みが…。
 元気に今も歌ってるんだ♪と嬉しくなっちゃいました(^-^)v
 私も、この間ずっと歌いたい、歌いたい…と思っていたから。
 久しぶりに ♪水のいのち♪ は歌う機会にめぐる逢えたので、とても楽しみにしています。
♪ 水のいのち ♪は、はじめての混声合唱曲でした。
 詩の意味、言葉の意味をとても大切にされる指揮者だったので、よく叱られました。「年齢が若くても本を読んだり、想像をしなさい・・・。」と。もちろん、理解しても、歌に反映させなければまた、叱られました(^^)中学2年生でしたから・・・。そのかわり、中学の時からは、年間100冊を超える本を読みました。
 とても良い経験だと感じています。今。
 想像すること、共感すること、人と共鳴すること、全てが・・・。
 ハーモニーがうまくいった時の身震いする快感。
 初めて、生オーケストラで、歌った時の身体の毛が逆立ったこと・・・。
 演奏会の終わった時の心地よい疲れ・・・。

 昨年の同窓会で、久しぶりに歌うのに口からでてくる歌。あの時から、また、歌いたいととても強く思っていましたから・・・。


 今日は、雨が降ったので朝から川西の母親大会に出かけました。
 30回の記念の会だったので、渡辺和恵弁護士の講演と明峰高校3年生の白藤ひかりさんの津軽三味線(すばらしい響き、バチさばきでした)。
 ぶれない立場の方の話はとても説得力があります。誰の立場で物事を考えるか・・・大切なことだとおもいます。とくに今、ごまかされないようにしないと。権力の側は、とても巧みに分断と孤立を持ち込み、利用しますから・・・。

 その後、関西二期会の税所美智子さんの歌がありました。
とても素敵な歌声と楽しいおしゃべり。
 歌を聞き、共に歌い、楽しいひと時を過ごさせていただきました。
 声に触れるととても心が満たされます。
 ピアノの音、声・・・。身体を伝わってくる波動。

 やっぱり、声を出すことは、心も身体もリフレッシュ。
 帰りには、雨がやんでいました。
 ゆとり・・・大切ですね。ほんとう(^^)
 

# by kurodamichi | 2007-09-30 17:28 | Comments(1)

ビラ配りに突然のお手伝いが (^-^)/~

f0061067_9433219.jpg

 今日は能勢口の宣伝デー。
 マイクを持ちながら、ビラも配ります。
 9月議会のことや国の政治…政党助成金、企業献金のこと、福田新総理が高齢者医療や障害者自立支援法の見直しを言い、決めた自民党公明党もそう言わざるをえなくなった~そんな話をしていると、少ししてから
 「ビラをちょうだい 」と言う方が…。
 お渡しをしてしばらくしたら、ビラを数枚取りに来られて一緒にビラ配りを。
結局最後まで、おつきあいをしてくださいました。
 お礼を言って別れる時に缶コーヒーを私の手に…。

 とてもとてもありがたい一時でした。
 ヘコんだ気持ちはなかなか元通りという訳にはいかないけれど、随分持ち直しました…だから、とても嬉しかった出来事でした。

 本当にありがとうございました(^-^)v
 
 写真は保育所のお祭で撮って貰ったものです…景気づけに!

 さぁ!頑張りましょう!

# by kurodamichi | 2007-09-28 09:43 | Comments(1)

栄保育所の廃園…反対6…賛成多数で可決(-"-;)

f0061067_063097.jpg

 今日は、9月定例議会の最終日。
 本会議が終わりました。

 市立栄保育所の廃園に関する議案は、自治市民クラブの2名、日本共産党4名の反対。賛成多数で、可決されました。
 「急いで、廃園を決めないでください」という市民の方からの請願は、議案が可決されているため、「みなし不採択」という扱いになり、審査もしません。

 今年、4月時点でも70人の待機児童がいます。8月までに、60人のこどもが途中入所しているにも関わらずまだ、74人の待機児童がいます。
 どうして、廃園が必要ですか?

 栄保育所を廃園にすると、2500~3000万円の経費が浮く・・・と説明しますが、そのために、1100万円の国の補助金を返してまで、1900万円の解体費用まで市が負担して、建設させてあげるのは、なぜ?
 そのために、玉突きの引越をさせ、わざわざ、市の事業を民間会社に年間3000万円の部屋代を支払ってまでするのはなぜ?
 その民間会社は川西市が27%出資しています。
 その会社の社長は、ついこの間まで、川西市の助役さんでした。
 もちろん、退職慰労金なるものが出されています。

 新しい民間園は、3歳未満児も保育経験がありません。選考委員会から、付帯意見がつけられています。「計画段階から、指導するように」
 「国の補助金7500万円、申請のために急ぐから」と年末に、バタバタと公募をし、公募締め切りのその日に、選考委員会を開催するというすばらしいスピードで一気に進めました。
 4つの法人が応募。
 そのうち、2つの社会福祉法人の園長に保育士資格がないことが判明(応募要綱には記載されている)結局、学校法人が選定されたため、国の補助金7500万円はパ~。(社会法人しか使えないので)
 そこまでして突き進むのはなぜ?
 
 川西市は、一番最初の民間保育所の園長の件で大変なことがありました。そのことも含めて応募要項の中に資格等のことも記載されていたのに、「資格証明書」も添付させていないなんて・・・そのずさんさに「公募のやり直し」も追及してきましたが、つきすすみました。
 当初は、「社会福祉法人」だけが対象でしたが、突然「学校法人」も加えました。
 審議会の中でも「何でや?」という意見も出されていました。
 一貫性のない進め方。
 なぜ?

 2億円の土地を3年間無償貸与にして、その後、2~4%で、貸してあげるのは、なぜ?
 
 そもそも、公立5ヶ所・民間認可園3ヶ所の密集地に保育所は必要?
 税金の使い方といい、子育て施策の計画のあり方も納得できないことばかり。
 
          ・・・でも、賛成多数で決まりました。
          反対討論2人。
          賛成討論ゼロ

 ひとつの事業だけみていると「良い事業」。それを点でなく、線・面でみていくと・・・?
 
 保護者の方も、市民の方も、職員の方も傍聴に来られていました。
 保護者が絶対的な信頼を置いている保育所をつぶす必要がありますか?
 廃園計画の発表があった日、「保育所に命を助けてもらった」と話をされた方があります。こどもだけでなく、すべて丸がかえの保育所。日々のつながりが信頼につながっています。
 職員の方が、「良い保育」をされ、「子育てセンター」としての役割を果たしている保育所をつぶす必要がありますか?
 40年の育児文化、市の建物。老朽化といいますが、十分使え、この間、壁も屋根もサッシもプールも床もトイレも改修しています。
 築いていくのは、なみたいていのことではありません。
 壊すのは、あっという間。

 納得できない進め方、
 税金の使い方、
 決まっていく内容。

 目に見える保育のメニューの項目や数字だけに振り回されないように。
 こどもを育てていくのです。
 人格を育てていくのです。
 この子達が、この国を私達を支えていくのです。

 こどもは、未来です。
 安上がり・・・コスト論、精神論は許せません。
 保育に携わる職員も人間ですから・・・。
 
 私、あきらめません。
 私、胸をはって言えます。
 川西の公立保育所はすばらしいと。
 そう、言い切れるほど、頑張ってきましたから(^^)
 
 

# by kurodamichi | 2007-09-28 00:06 | Comments(0)
line

川西市議会議員   黒田みち    活動報告と日常 & つぶやき          (^ー^) (^0^) (^ー^)


by 黒豆ちゃ
line
カレンダー